もうすぐ10カ月!妊娠35週のママと赤ちゃんの状態って?

2016/09/05 17:00
妊娠35週の体験談をご紹介します。妊娠35週のわが子は、ともかく胎動が活発でした。一方、私が特に悩まされたのが、頻尿です。しかも排尿後に残尿感があることも。また、尿漏れの症状もありました。頻尿対策に行ったことは就寝前に大量の水分を摂らないこと。そのほかに、こむら返り対策としてカルシウムをとること、むくみ防止対策も行いました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
妊娠の悩み
体験談

 

妊娠後期の35週にさしかかると、ママのおなかもパンパンに膨らんでいることでしょう。待望の赤ちゃんに会えるまで、あとひと踏ん張りですね!

 

そこで今回は、妊娠35週のママと赤ちゃんの状態や不快症状を和らげる方法など、自身の体験談を交えてご紹介します。

 

胎動も活発!元気に動く赤ちゃん

 

妊娠35週のわが子は、ともかく胎動が活発でした。ときには足の形が分かるほど、お腹を強く蹴っていました。それだけ元気であることが分かってうれしかったです。

 

エコーで見ると体つきはホッソリ。推定体重は2,200gほどでした。妊娠34週になると、赤ちゃんの肺機能が成熟します。外での生活も可能に。個人差もありますが、顔の表情に変化が見られることもあります。

 

食欲不振や頻尿、不快症状が現れる!

 

妊娠35週にもなると、子宮の位置が最も高くなります。そのため内蔵が押し上げられ、圧迫感や息切れ、胸やけが強まります。ふだんより食欲がなくなることも。

 

私がとくに悩まされたのが、頻尿です。夜中に2~3回トイレへ行くこともありました。しかも排尿後に残尿感があることも。出産すればピタッと治りましたが、当時は治るのかなと心配したものです。また、くしゃみをしただけで尿が漏れる症状もありました。


不快症状を緩和するために行ったこと

 

頻尿対策に行ったことは就寝前に大量の水分を摂らないこと。また、足がつることも多かったので、あさりや小魚などのカルシウムを意識して食べました。

 

入浴時にはシャワーだけではなく、浴槽にゆったり浸かって足のマッサージを行うと症状が緩和されましたよ。

 

そのほか、むくみ防止にクッションの上に足を置いて寝ていました。妊娠35週は体重が増加しやすい時期でもあるので、体重管理にも気を付けたいですね。

 

私は里帰り出産をしましたが、妊娠35週ごろに移動をしました。里帰りをしない方も、留守にする準備を始めておくと安心です。働くママは産前休暇に入る時期。どんな場合も周囲の協力を得ながら、出産への準備をしていきましょう。(TEXT:田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。