意外と知らない?「1カ月健診」ってなにをするの?

2016/08/30 09:00
産後1カ月健診についてお話しします。1カ月健診では産後、ママの体がきちんと回復しているか、また赤ちゃんは順調に成長・発達しているか見ていきます。持ちものについては産院で退院のときに説明があります。赤ちゃんの退院から1カ月健診までに“なんだかいつもとちがうなー”と感じたときには産院に相談し、指示を仰ぎましょう。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
助産師REIKO
出産

 

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

妊婦健診は何度もあったから、何をするのかなんとなくわかっていたような気がするけれど、産後1カ月健診については知らない・・・という方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、産後1カ月健診についてお話しします。

 

1カ月健診ってなにするの?【ママ編】

ママの1カ月健診の検査項目は妊婦健診のときとほとんどかわりありません。尿検査、体重測定、血圧測定、内診、超音波検査、必要時血液検査があります。

 

産後のママの体がきちんと回復しているか、内診や超音波検査では子宮の回復状態と悪露の状態を確認していきます。

 

助産師はママの授乳状況やおっぱいの状態、育児上の不安や悩みについてお話を聞いたり、アドバイスを行ったりしています。

 

産後の不安のピークは1カ月時といわれていて、その不安を軽減するために、1カ月健診を待たずに助産師が、おっぱいや育児状況を確認し、相談に乗る機会を設けている施設も増えてきています。

 

1カ月健診ってなにするの?【赤ちゃん編】

赤ちゃんは生まれてからの成長・発達の状況をみていきます。身長・体重・頭囲・胸囲の計測をしてどのくらい大きくなったかを確認します。

 

1カ月健診時の赤ちゃんの体重増加の目安は「+約1㎏前後」。退院時の体重、あるいはいちばん減っていた体重からの増減を日割りで計算し、評価しているところが多いのではないかと思います。体重の増えに関しては、個人差もあるので、とくに体重に関するお話がなければ順調と考えて大丈夫だと思いますよ。

 

そのほか、全身状態、おへその状態(じゅくじゅくしていないか、出血はないかなど)、原子反射の様子、黄疸の状態など、頭の先からつま先まで細かく見ていきます。また、見るだけでなく、呼吸や心臓の音なども確認します。

 

全身の診察が終わったら、乳児ビタミンK欠乏性出血症を防ぐためのビタミンK2シロップを飲ませる産院が多いのではないでしょうか。

 

1カ月健診に持っていくものって?

1カ月健診の持ち物については、退院のときに産院から説明があります。忘れ物がないように注意しましょう。

 

主に、母子手帳・診察券・保険証(ママと赤ちゃんそれぞれ)・乳児医療証・乳児健診無料券(自治体によって異なります)・おむつ・赤ちゃんのお着換え・おしりふき・ミルクが必要な場合はミルクとお湯・哺乳瓶(ビタミンKを飲む用)・現金が1カ月健診の持ちものです。

 

これらをマザーズバッグにまとめておくと安心ですね。


 

こんなときは1カ月健診を待たずに受診しましょう

退院から1カ月健診までに赤ちゃんの元気がない、飲みが悪い、顔色がすぐれない、黄疸が強くなったような気がする・・・など、“なんだかいつもとちがうなー”と感じたとき。

 

ママの場合はおうちに帰って、動く機会が増えると一時的に悪露の量が増えることがありますが、悪露の量が生理の多いときの量が続く、レバーのような血液の塊が出る、乳腺炎の症状がある、38℃以上の発熱があるなどの症状があるときには産院に相談し、指示を仰ぎましょう。

 

産後1カ月健診が久しぶりの外出なんて方もいらっしゃるかもしれません。荷物も意外と多いのでどなたか付き添ってもらえる方がいらっしゃると安心ですね。

 

生後28日を過ぎると赤ちゃんは新生児期を卒業し、乳児期に入ります。そしてママも、とくに問題がなければ、入浴、パーマ、旅行、性生活などが可能になります。ママの体が妊娠前の状態に戻るのにはもう少し時間がかかります。少しずつ元の生活に戻していってくださいね。(TEXT:助産師 REIKO)


  • 4
  • 0
  • 1
  • 2

既にクリックしています。

  • 面白い!

    2016/08/30 22:10

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。