【体験談】ママのマネが大好きな子へ!おままごとに本物はいかが?

2016/08/26 20:00
赤ちゃんが歩き出すと、台所のママのお料理する姿が見えて、お鍋や調理器具にも興味を持ち始めますよね。赤ちゃんサイズのかわいい食器玩具などを改めて買わなくても、家庭にあるものを子どもたちは自分のおもちゃへと華麗に変身させてくれます。思いきって本物を子どものおもちゃ用にしてみると新たな発見がありますよ。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫

 

離乳食が始まると、赤ちゃんも食器やスプーンなどの存在を知り、身近になりますよね。歩き出すと台所のママのお料理する姿が見えて、お鍋や調理器具にも興味を持ち始めることもあるかと思います。
 

そんなとき、赤ちゃんサイズのかわいい食器玩具もたくさん販売されていますが、思いきって本物を与えてみませんか?

 

台所に興味を持ったら・・・

 

6カ月ごろからシンク下の扉を開けて、鍋を取り出しては遊んでいた、わが家の長男。おもちゃになるかな?と思って、実家で使わなくなった真鍮の鍋や少し剥げたホーローのミルクパン、軽すぎて使いにくいフライ返しとおたま、割れない食器を貸してみました。

 

最初はおもちゃを入れたり、太鼓代わりにして遊んでいました。でも、歩くようになり、1歳半近くなってくると「これはお料理するもの」という意識が芽生えたのか、食材を入れて料理のマネごとをするように!

 

家庭の不用品がおままごとセットに!

離乳食作りを機に、鍋やおたまなどを新調した、おばあちゃんのお宅で眠っている割れない食器を発見した、そんなときに子どものおもちゃとして譲るだけ!

 

赤ちゃんにはちょっと大きすぎますが、「ママと同じ料理をしている」という満足感は大きいみたいです。
 

何でも口に入れる時期が過ぎたら、おままごとの食材には「乾燥豆」がおすすめです。鍋に入れて、おたまでかき混ぜると、適度な重さでカラカラと音が鳴って、料理を「作った感」がさらに味わえるようです。


 

外遊びでも大活躍!

外遊びで使う場合は、とくに大活躍。丈夫で洗いやすいので、葉っぱや花はもちろん、大胆に石を入れてもOK。さらに万能なおもちゃへと変身です。
 

真鍮の鍋は、現在は娘が外遊び用として使っていますが、10年使っても丈夫そのもの。娘はお友達に「ホントのお鍋使っていいの?」と言われながらも、「いいんだよ」と得意気になって遊んでいます。

 

改めておもちゃを買わなくても家庭にあるものを、子どもたちは自分のおもちゃへと華麗に変身させてくれます。ただし、ケガをしてしまいそうなものは渡さないようにご注意くださいね。デザインがかわいいけれど実用的でないものなど、思いきって子どものおもちゃ用にしてみると新たな発見がありますよ。(TEXT:ヤスタミコ)


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。