【体験談】妊娠発覚で産院選び!私が出産に個人病院を選んだ理由

2016/09/16 19:00
妊娠がわかってから、自宅から車で30分の女医さんのいる個人病院を受診。夫の姉も、同じ病院で出産していて「先生が親身になってくれて、良い病院だよ」と高評価でした。初めての妊娠だったこともあり、いろいろと不安でしたが、いちばんの安心材料は、先輩ママである義姉の言葉だったかもしれません。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
体験談
産婦人科

 

私が3人の子どもを産んだときにお世話になったのは、個人病院。選んだ理由は、第1に家から近かったこと。第2に女医さんがいたことでした。

 

地方での限られた選択肢の中で、なぜ個人病院を選んだのか、その経緯についてご紹介したいと思います。

 

妊娠検査はいちばん近い病院へ

 

私はまず、薬局で市販の妊娠検査薬を買ってきて、家のトイレで検査してみました。スティック状の試験紙に尿をかけて判定するタイプの検査薬で、ドキドキしながら結果を待ち、予想通りの「陽性判定」が。

 

「自分の中に新しい命が宿っている」そう考えると少し照れくさいような、くすぐったいような気持ちでした。検査薬には病院で検査をするようにと書かれていたので、さっそく自宅からいちばん近い病院を選び、受診することに。

 

産婦人科が閉鎖されていた近所の病院

 

車で15分ほどの距離にある総合病院の産婦人科を受診しようと行ってみたものの、なんと、産婦人科は数カ月前に閉鎖になっていました。


話をした看護師さんが、個人的に何カ所か産婦人科を教えてくれたので、そのうちのひとつを選び、後日受診することにしました。
 

その病院を選んだ理由は、自宅から車で30分と比較的近くにあったことと「女医」さんがいることでした。
 


安心材料は先輩ママのアドバイス

 

病院はアットホームな雰囲気で、女医さんだったこともあり、気軽にいろいろと相談することができました。あとで知ったことですが、夫の姉も同じ病院で出産していて「先生が親身になってくれるいい病院だよ」と高評価でした。

 

初めての妊娠だったこともあり、いろいろと不安でしたが、いちばんの安心材料は、先輩ママである義姉の言葉だったかもしれません。

 

私には3人の子どもがいますが、3人とも同じ病院で出産しました。切迫流産、切迫早産、早期破水、持病発覚など、さまざまなトラブルがありましたが、乗り越えられたのは家族の支えと、いい病院に出会えたからだと思っています。(TEXT:恋瀬たまこ)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。