妊娠28週から妊娠後期!つらーい足のむくみ解消法

2016/09/25 14:00
妊娠28週あたりから、足のむくみ軽減のため、ベッドに横になり、壁に足を投げ出すようにして足上げをしました。むくみがひどいときは、お風呂あがりにオイルを使って足のマッサージをしました。また、足湯やメディキュットは、出産後のむくみ解消にも役立ちますので準備しておいて損は無いと思います。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
妊娠の悩み
妊娠あるある
むくみ

 

妊娠28週で妊娠後期に突入です。このころから、疲労感や腰痛、足のむくみなど、おなかが大きくなることによる不快症状が顕著になってきます。

 

私はとくにむくみがつらかったので、妊娠後期に私が実践したむくみ解消法をご紹介します。

 

家にいるときは横になって足上げ!

 

妊娠28週あたりから、足のむくみ軽減のため、ベッドに横になり、壁に足を投げ出すようにして足上げをしました。むくみが完全に取れるわけではありませんが、足が少し軽くなって気持ちいいです。

 

第2子妊娠のときは、上の子もママのマネをして、横で一緒に足上げをしていました。赤ちゃんにいろいろ話しかけたり、一緒に名前を考えたりと楽しい時間を過ごしました。好きな音楽をかけながら足上げをするのもおすすめです。

 

リンパの流れを意識して足をマッサージ

 

むくみがひどいときは、お風呂あがりにオイルを使って足のマッサージをしました。「おなかの直ぐ下、足の付根にあるリンパがおなかの重さで圧迫されて流れが悪くなり足がむくみやすくなる」と助産師さんに教えてもらったので、とくに重点的にマッサージしました。

 

妊娠中は押さない方がいいツボが多いので、足の裏などのマッサージは避けたほうが無難です。特定の場所を強く圧迫せず、足全体をやさしくさするようにマッサージしました。

 


足湯で発汗、冷えを予防!

 

妊娠28週でおなかが大きくなってくると、長時間の入浴が息苦しく感じることがあったので、入浴は短めに済ませ、代わりに足湯をしていました。血行が促進されるので足のむくみが軽減され、長時間ぽかぽかと体を温めてくれるので冷え予防にもなります。

 

そのほか、むくみ対策で「メディキュット」という着圧靴下もよく履きました。足湯やメディキュットは、出産後のむくみ解消にも役立ちますので準備しておいて損はないと思います。

 

妊娠中のむくみはある程度軽減できても、完全に解消することは難しいようです。赤ちゃんを産むまで程度の差こそあれ続くようです。気持ちいい、と感じることをやってみながら、むくみとも上手に付き合ってくださいね。(TEXT:伊川遥)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。