【体験談】2歳で虫歯にしてしまった・・・原因とその後の対策

2016/09/04 22:00
虫歯にはさせたくないと、歯のケアを頑張っていました。しかし2歳になる直前、ぎっくり腰になってしまい全く動けず、主人の実家にお世話に。動けるようになるまでの5日間、ほとんど歯を磨けない状態でした。結果、歯の定期健診で虫歯が!毎日の歯磨きと3カ月に1度の定期検診・フッ素塗布で2歳9カ月を迎えた現在、虫歯は広がらずに済んでいます。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談

 

生後半年で前歯が生えてきたのを皮切りに、次々と歯が生えてきた息子ですが、「虫歯にはさせたくない!!」と、歯のケアを頑張っていました。しかし、2歳目前になって虫歯になってしまいました。その後の対策も含めた私の経験談を紹介します。

 

歯の生え始めは早かった息子

 

生後6カ月の頃に、下の前歯が生えてきました。まわりの子に比べて早かった記憶があります。

 

歯の生え始めが早いという事は、1人で磨けるようになるまでの期間が長くなり、虫歯リスクは高くなります。歯のケアに対して気を使う期間が長くなるので、うれしい反面、生えてしまったかあ…という気持ちになりました。

 

1歳になった頃には、市の保健センターの主催する虫歯予防教室に参加して、歯の磨き方など色々と教えてもらいました。

 

とうとう虫歯に…

しかし2歳になる直前、ぎっくり腰になってしまい全く動けず、主人の実家にお世話に。滞在中、義母では歯を磨かせてくれず、私も腰の痛みで押さえつけて磨くことは不可能でした。また、グズグズするのをごまかすために甘いものを与えていたようでした。

 

動けるようになってからはしっかりと歯磨きはしましたが、それまでの5日間ほどはほとんど歯を磨けない状態でした。結果、次の月にあった歯の定期健診で虫歯が見つかってしまったのです。


その後の虫歯の対策

 

ショックを受けたものの、歯科の先生に対応策や今後の方針などを質問したところ、虫歯がごく小さいこと、乳歯なので早急に治療する必要はないとのことでした。

 

毎日1回は歯磨きをしっかりとすること、3カ月に1度の定期検診・フッ素塗布をすること、この2点をしっかりして様子を見るとのことでした。また、食事やおやつの後には、必ず水分をとらせ食べたものを流すようにしました。それだけでも虫歯予防の効果があるそうです。

 

2歳9カ月を迎えた現在、虫歯は広がらずに済んでいます。やはり泣かれても暴れられても、毎日の歯磨きが一番有効だと実感しています。(TEXT:吉井ゆみ)


  • 3
  • 4
  • 0
  • 6

既にクリックしています。

  • 子供のいる歯科衛生士ですが、"たった5日間歯を全く磨かないだけで" とございましたが5日間だけで虫歯が形成されるとは思えません。乳歯は永久歯に比べてエナメル質が薄く虫歯になりやすいですが、毎日しっかり磨いていると自信をお持ちのお母さんでも実際私達が拝見すると磨けていない事は多いです。歯が生えた時点で歯科に出向き「正しい歯磨きの方法とプラークコントロール知識」を歯科衛生士から受けるのが理想です。

    2016/09/04 23:08
  • んー。しかし、指導は受けていらっしゃっていたのですね…すみません…

    2016/09/04 23:09
  • プロの方からのご意見参考になります。もしかしたら、すでに少しの虫歯があり、5日間磨かなかったために大きくなったのかもしれません。また磨き方が甘かったのかもしれません。我が子はとにかく歯磨きが大嫌いで、大人二人がかりでも押さえつけて磨くのが本当に大変でした。余りに暴れるので一度歯茎から流血させてしまったこともあります。様々な工夫をしてみましたが、磨かせてくれるまでに本当に苦労しました。いくら指導を受けて親側が頑張っていても、指導どうりに磨けるとは限りません。

    現在歯科に行っても、先生や衛生士さん、私と3人がかりで押さえつけてチェックをしてもらい、フッ素を塗ってもらっています。

    正しい知識を身につけ、実践することが大切なのは分かりますが、現実には難しいところもあります。おとなしく磨かせてくれない、そういう子どももいるのです。

    2016/09/12 19:15

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。