家庭でも生かせるプロの味!「産院ごはん」を家庭料理にも取り入れよう!

2016/09/20 17:00
次男の生まれた個人の産院は、食事がとてもおいしくて、メニューも毎日変わるうえにボリューム満点!とくにをミキサーで細かくしたかつおだし、豆腐の代わりに高野豆腐、きのこ類も加えた最強お味噌汁。ちょっと工夫するだけで妊産婦に必要な鉄分とカルシウム、そしてビタミンCが摂れるようになるんだと驚きました。

 

次男の生まれた個人の産院は、食事がとてもおいしくて、メニューも毎日変わるうえにボリューム満点!

 

凝ったものはマネできなくても、在院中は1つでも2つでも、家庭に取り入れられるレシピを学べるいい機会ですよ。

 

大満足の病院食!

初産の総合病院では食事の量が少なく、母乳育児には物足りず、家族の差し入れを楽しみにしていました。

 

そこで次は「病院食がおいしい」と評判の産院を選んだのですが、味も内容も申し分ないばかりか、毎食の食事が入院生活に華を添えてくれました。


とはいえ、高カロリーで華美なメニューではなく、和食中心の薄味、妊産婦向けに栄養が考えられたもので、かつ普段の自分では思いつかないような内容でした。

 

家庭料理に応用できる!

たとえば、魚の煮付け方、野菜の和え方、だしの効かせ方などなど、家庭料理に応用できるやさしいメニューが多いことが印象的でした。

 

今思うと、育児日誌の横にメニューを書き加えておけばよかったと後悔するほど。そして退院が近付き、心身ともに余裕が出てきたころに出会ったお味噌汁に私は驚きました。

 


 

最強のお味噌汁登場!

これまで実家で食べてきたお味噌汁は、ホンダシ+大根菜+豆腐。しかし、産院では豆腐の代わりに高野豆腐。だしの味も家のものとは何やら違う・・・。

 

そこで、調理師さんに話を聞いてみると、鰹節をミキサーで細かくしてだしをとり、豆腐の代わりに高野豆腐で鉄分と噛みごたえを出して、体のバランスを整えるしめじなどのきのこ類も加えるんだとか。ちょっと変えるだけで、妊産婦に必要な鉄分とカルシウム、そしてビタミンCが摂れる最強お味噌汁に変身です。

 

産院の調理師さんと話したことで、赤ちゃんだけでなく自分の体も大切にしよう、という意識も強まりました。栄養満点な産院ごはんから学んだ調理やレシピ、家族や自分のためにも家庭料理にも生かしていけるといいですよね。(TEXT:ヤスタミコ)

 

クックパッドベビーでは、全国の産婦人科の「産院ごはん」を取材、ご紹介しています。ひと味もふた味も違う「産院ごはん」をぜひ見てみてくださいね。

産院ごはん記事を読む 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。