【冬のマストアイテム】寝冷え防止に!フリーススリーパーの選び方

2015/10/24 10:00
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:

 

こんにちは。ライフスタイルショップ「アンジェweb shop」のベビーキッズバイヤー近郷(こんごう)です。赤ちゃんはどうしても寝ている間に、布団を剥いでしまうことが多いです。でも、自分でかけ直せないので、ママが気づかないとそのまま・・・なんてことも。今日はそんなときに大活躍するフリーススリーパーを選ぶ時のポイントについてご紹介します。

 

あったか&軽いフリース素材がいい!

スリーパーにはガーゼや、マイクロファイバーなど様々な種類がありますが、秋冬の寝冷え対策にぴったりなのは、薄くて軽く、保温力に優れているマイクロフリース素材。寒くないようにとたくさん着せすぎてしまうと、寝返りなど赤ちゃんの動きの邪魔をしてしまい、かえって眠りを妨げてしまう原因になることも。また、乾きが早いフリース素材ならこまめに洗濯が出来るので、赤ちゃんの衣服を清潔に保つことが出来ます。

 

温めすぎない袖なしがオススメ

 

形も袖あり、袖なしなどありますが、個人的には袖なしタイプがおすすめです。赤ちゃんの汗腺の数は大人と同じで代謝が高く、たくさん着せてあげると大人よりも寝汗をかきます。寝汗があせもの原因になったり、冷えて風邪を引いてしまうことも。しっかりお腹を温めて手足から熱を逃がしてあげると温度調節がしやすくなります。袖なしなら、お腹を冷やすことなく、寝汗でびっしょりになってしまうこともありません。

 

サイズ選びは赤ちゃんの動きやすさを優先

着丈が長ければ大きくなっても着られていいと思う方も多いと思いますが、寝る直前だけでなく、湯冷めをしないようにお風呂あがりに着せることもあります。大きすぎると絡まって歩きにくかったり、裾を踏んで転んでしまう危険が。サイズは赤ちゃんの体に合ったものを選ぶようにしましょう。また、スナップボタンでロンパースになるタイプはおすすめです。睡眠中も寝返りや足をバタバタさせても足の動きを妨げないし、少し大きくなってきたら、ボタンを外してベストのように着せてあげれば、赤ちゃんも快適です。

 

寝冷えが気になるこれからの季節、ふとんをはいでしまったり足をバタバタさせたり、元気な寝相の赤ちゃんに重宝するスリーパー。赤ちゃんがぐっすり寝てくれるとママも安心ですよね。

 


アンジェ web shop バイヤー近郷 明香(こんごう さやか)

ライフスタイルショップ アンジェのベビー・キッズのバイヤー。自身も1児のママとして育児奮闘中。育休中にはインテリアコーディネーターを取得、その知識と実経験を活かし、子どもやママにとって安全で、使って幸せな気持ちになれるかアイテムか、一つ一つ確かめながら日々商品をバイイングしています。

 

●kukka ja puu フリーススリーパー

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。