【体験談】妊娠線予防はいつから始める?なにをする?

2016/09/15 21:00
妊娠線とは、おなかが大きくなるにつれて皮膚が引っ張られ、真皮が限界まで伸ばされて生じる断裂跡のこと。おなかや太もも、おしりなどにできます。私は入浴時間を長くしてボディクリームを朝と夜にしっかりと塗ることを初期から毎日続けました。おなかが目立つ前からケアを継続することが大切だそうです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠の悩み
体験談
妊娠線

 

妊娠をすると、赤ちゃんの成長とともに気になるのが自身の体のケアです。ほとんどの妊婦さんが悩むといわれているのが妊娠線です。

 

妊娠線は、できる人もいればできない人もいます。では、いつから妊娠線の予防をするべきなのか、また私がどのように予防したのかをご紹介したいと思います。

 

妊娠線っていったいなに?

 

妊娠線とは、おなかが大きくなるにつれて皮膚が引っ張られ、真皮が限界まで伸ばされて生じる、ギザギザ・グニャグニャした断裂跡のことです。できやすい場所として、おなかや太もも、おしりなどがあります。

 

一度妊娠線ができると、完全に消すことは難しいそうです。その主な原因は、急激な体重の増加や敏感肌、乾燥肌などがあげられます。

 

妊娠線予防のための体重管理

 

妊娠線の原因のひとつに急激な体重増加があります。そのため、私は体調がいい日の散歩と規則正しい食生活を心がけました。激しい運動は難しいので、家事をして近所を散歩するだけでも十分です。

 

妊娠中の私は、吐き気がいつまでもあったので、食欲が日によってまったく違いましたが、決まった時間になにかしら口にするようにして、なるべく3食を食べていました。

 


妊娠中の乾燥肌を保湿ケア

 

妊娠をすると、肌質が変わり、敏感肌や乾燥肌になる人が多いといいます。私も乾燥肌に悩まされていました。そのため、入浴時間を長くしてリラックスすること、ボディクリームを朝と夜にしっかりと塗ることを妊娠初期から毎日続けました。

 

おなかが目立つ前から妊娠線予防ケアをして、継続することが大切なのだそうです。ボディクリームは、ナチュラルサイエンスの「ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム」を使っていました。大きいサイズはポンプ式なので、とても使いやすいですよ。

 

妊娠線は、予防したら必ずできないというわけではありません。でも、妊娠線予防ケアはお肌のケアにもなります。毎日ケアすることで、赤ちゃんの成長を見守るとともに、出産後もキレイなママでいられるといいですよね。(TEXT:手塚みく)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。