自分だけじゃない!妊娠中に乳首が黒ずむのはどうして?

2016/09/08 14:00
私が乳首の黒ずみに気付き始めたのは、妊娠20週目に入ったころ。その原因は、女性ホルモンが関係しています。「視力が未発達な赤ちゃんが乳首を見つけやすくするため」という説も。妊娠中の黒ずみは積極的にケアをする必要はありません。個人差もありますが、大半は出産をすると徐々に薄くなってきますよ。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠の悩み
妊娠あるある

 

妊娠をするとおなかが膨らむだけではなく、さまざまな体の変化が現れます。とくに初めて妊娠を経験するママは、ふだんと違った体の変化があると不安になりますよね。

 

その中のひとつに乳首の黒ずみがあげられます。今回は、人に相談しにくい乳首の黒ずみについてまとめました。

 

どうして乳首が黒ずむの?

 

私が乳首の黒ずみに気付き始めたのは、妊娠20週目に入ったころ。このまま、もとの色に戻らなかったらどうしよう・・・と心配になったものです。また、私は乳首だけではなく、ワキも黒くなったなと感じていました。

 

乳首やワキが黒ずむ原因は、女性ホルモンが関係しているのだそうです。妊娠20週を過ぎると女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌が急激に増えます。その影響でメラニサイトが刺激され、色素沈着が起こりやすくなるそうです。

 

自然な体の変化、気にしないで!

 

メラニン色素が多い乳首やワキ以外に、外陰部も黒ずみが目立つ部位です。理由を知らないでいると、誰しも不安を感じますよね。

 

妊娠中の黒ずみは、妊娠中に起きる自然は体の変化です。私は出産して1年が経過したころには、ほとんどもとの色に戻っていましたよ。個人差もありますが、大半は出産をすると徐々に薄くなってきます。あまり神経質になりすぎないようにしましょう。


黒ずみのケアは必要?

 

妊娠中の黒ずみは、積極的にケアをする必要はありません。私も何も行いませんでした。どうしても気になる場合には、美白成分が含まれた乳液やクリームを使用する、黒ずみ専用のクリームを使うなどのケアを行いましょう。

 

ケアをするとは言っても、妊娠中はメラニン色素が増加する時期。黒ずみが薄くなったとしても完全にもとの色に戻すのは難しいようです。また、妊娠中は肌が敏感になりやすいので、必要以上に刺激を与えるのは禁物です。

 

乳首が黒ずむ、もうひとつの理由に「視力が未発達な赤ちゃんが乳首を見つけやすくするため」という説も。そう思うと人間って神秘的だな~と感じますよね。乳首の黒ずみは、授乳に備えるための一時的なものと捉えるといいかもしれませんね。(TEXT:田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。