食べられるときに食べられるものを!妊娠初期の食事の基本

2016/08/31 08:00
妊娠初期はつわりのため、食事の量が少なくなってもあまり気にしないこと。食べられるときにママが食べたいものを食べましょう。食事を何回かに分けて摂るのも。嘔吐が続く場合、水分だけはしっかり補給するようにしましょう。できるだけ栄養バランスが崩れないように、たんぱく質・鉄・カルシウム・ビタミン・葉酸を意識した食事を。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
コツ・ヒント
栄養

 

妊娠初期は、0〜15週ごろ。赤ちゃんにとっては、体の主な器官ができる重要な時期です。ママの体はつわりの症状が出てくるようになり、嘔吐に悩まされる人も多くなります。

 

だんだんとおなかのふくらみもわかるようになる、妊娠初期に食べたい食事について今回はご紹介します。

 

つわりのときは、食べる量を気にしない!

妊娠初期は、赤ちゃんがまだ小さい時期です。つわりのため、食事の量がいつもより少なくなっても、あまり気にしないこと。食べられるときに、ママが食べたいものを食べましょう。

 

空腹になると気持ちが悪くなる場合は、食事を何回かに分けて摂るのもいいでしょう。嘔吐が続くときは、脱水症状を起こすこともあります。水分だけは、しっかり補給するようにしましょうね。

 

妊娠初期、積極的に摂りたい栄養素は?

つわりの時期は無理せずに食べることが大切ですが、できるだけ栄養バランスが崩れないようにすること。栄養素は、たんぱく質・鉄・カルシウム・ビタミン・葉酸を意識した食事を摂りましょう。

 

とくに葉酸は、赤ちゃんの体が作られる妊娠初期にしっかり摂りたい栄養素です。汁物や副菜に、ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜を加えながら、葉酸を意識して摂るように心がけてくださいね。

 


 

妊娠初期、1日3食のポイントは?

◆朝食◆

主食になるパンやごはんをきちんと食べ、主菜は簡単ですぐに食べられるものを。卵料理などは、おすすめです。葉酸が摂れる緑黄色野菜の入った汁物があればOK。

 

◆昼食◆

外食の場合、具だくさんのパスタや丼ものには、サラダや小鉢を添えて。デザートには、フルーツヨーグルトのような果物や乳製品を。

 

◆夕食◆

一汁二菜をイメージしながら、野菜をしっかり摂ること。主菜は肉や魚など、朝食や昼食とはちがうたんぱく質を選びましょう。主食のごはんに麦などを混ぜれば、食物繊維も摂ることができます。

 

つわりのときは、副菜になる作り置きおかずがあると、あと1品に悩まされる心配もありません。葉酸やビタミンを摂ることができる副菜があれば、手軽に栄養バランスもアップします。体調のいいときに、まとめて作っておきましょう。


著者:管理栄養士 富田チヤコ

管理栄養士で一男一女の母。大学卒業後、専業主婦時代に離乳食作りから食の重要性に気付き、管理栄養士・フードコーディネーター・消費生活コンサルタントの資格を取得。書籍や女性誌の栄養監修など、主に健康と食のジャンルを中心にフードライターとして活動中。


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。