【体験談】お産のサインってどんなの?おしるしは絶対にある?

2016/09/16 22:00
お産が始まるサインの現れ方には個人差があります。私が感じたお産のサインは「おりもの」や「不規則なおなかの張り」です。1人目はおしるしがなかったのに対し、2人目はおしるしがあったんです。おしるし→陣痛→破水といったパターンが必ずしも当てはまらないことを知った体験でした。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊娠
出産
おしるし

 

出産間近になると、どうやってお産が始まるのかドキドキしますよね。初めてのお産に限らず、経産婦さんでも同じです。

 

何人産んでも同じお産はなく、また、人によってもお産が始まるサインは違います。今回は、気になるお産のサインについて体験談を交えてご紹介します。

 

お産が近付くとどんな変化がある?

 

サインの現れ方には個人差があります。お産が近付くと赤ちゃんは体を小さく丸めて頭を固定し始めるため、胎動が減ることも多いようです。個人差があるようで、うちの子は産まれる直前まで激しく動いていましたよ。

 

私が感じたお産のサインは「おりもの」や「不規則なおなかの張り」です。ビヨーンと伸びるくらいの粘着質なおりものが出ていたのを覚えています。そしておなかの張りはガマンできる痛さ。ときどき、キューッと感じるおなかの張りを感じました。

 

おしるしがない場合もある?

 

私が初めての出産を経験したとき、おしるしを見ることなく陣痛が始まりました。一般的に「おしるし」があると、出産が間近だとイメージを持ちますよね。ところが、これも人によってさまざまだということを知りました。

 

私はおしるしがなく、突然陣痛が始まったパターンで、破水もなかったので助産師さんに破膜してもらいました。なにごともマニュアル通りにはいかないんですね。

 


こんなサインがあるママも!

 

お産が近付くと、周囲から「赤ちゃんが下がってきたね」と指摘されることもあるかもしれません。人に言われて初めて体の変化に気付くことも。

 

お産間近になると、赤ちゃんは頭をママの骨盤に入れてきます。そのため、みぞおちあたりまで上がっていた子宮が少しずつ下がり、胃の圧迫感がなくなることも多いです。歩くと恥骨あたりが痛くなったり、赤ちゃんの頭で膀胱が刺激され、トイレが近くなる症状が現れることもあります。

 

私は2人出産をしましたが、それぞれお産のサインは違いました。1人目はおしるしがなかったのに対し、2人目はおしるしがあったんです。おしるし→陣痛→破水といったパターンが必ずしも当てはまらないことを知った体験でした。(TEXT:田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。