【体験談】もしかして、これが「おしるし」!?わが家の次女の場合

2016/09/26 20:00
次女の妊娠中、臨月のときです。茶色がかったおりものとして下着につきました。その日のうちに受診し、そのまま入院することに。やはり、茶色がかったおりものは「おしるし」だったのです。3人の子どもを産んでおしるしがあったのは、次女のときだけ。このときはたまたますぐに陣痛がきて出産になりましたが、そのまましばらく陣痛が来ない人もいるそうです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
体験談
妊娠あるある

 

次女の妊娠中、臨月のときです。少し茶色がかったおりものが下着につきました。これが噂に聞く「おしるし?」と思いましたが、確信はありませんでした。おしるしらしきものがあったのはこれが初めて。

 

今回は、そんな私の初めての「おしるし」体験をご紹介したいと思います。

 

おしるしってどんなこと?

おしるしは、出産が近付いた証拠です。お産が近付くと、子宮の収縮などの原因で、赤ちゃんを包んでいる卵膜がこすれて出血するのだそう。これが粘膜と混ざり合い、茶色がかったおりものとして下着についたのです。

 

定期的におなかの張りも来ている気もするし、自分ではなんとも判断がつきません。私がおしるしらしきものを見つけたときは、とりあえず生理用ナプキンを当てて、かかりつけの産婦人科に連絡することにしました。

 

おしるしから本陣痛、そして出産へ

その日のうちに受診したところ、微弱ながら定期的な陣痛も始まり、そのまま出産のため入院することに。やはり、茶色がかったおりものは「おしるし」だったのです。


でも、3人の子どもを産んでおしるしがあったのは、次女のときだけ。長女のときは破水からお産が始まったのでおしるしはなく、末の息子のときも、おしるしらしきものはありませんでした。

 


 

おしるしがきたらあわてずに

おしるしにはこれと言った決まりがあるわけではなく、ケースバイケース。私のように、同じ人間でもおしるしがあったりなかったりします。次女のときはたまたますぐに陣痛がきて出産になりましたが、そのまましばらく陣痛が来ない人もいるそうです。

 

おしるしの色や量もいろいろです。私のように少し下着につく程度から、生理のようにたくさん出る人も。とにかくおしるしが来たら、あわてずにナプキンを当てて様子を見てくださいね。

 

おしるしには個人差が大きいようですが、少しでも不安があったら、迷わずにかかりつけの産院に連絡して指示を仰いでください。また、破水や陣痛がきていても同様に、産院へ問い合わせてみてくださいね!(TEXT:恋瀬たまこ)

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。