正確な出産予定日は〇〇を見れば分かる!?意外と知らない予定日の秘密

2016/09/21 13:00
妊娠前の生理開始日から280後が出産予定日とされています。しかしこれは生理周期が28日の場合で、必ずしも全員に当てはまりません。正確な出産予定日を知るためには超音波検査が必要。超音波写真で正確な出産予定日を知ることができるんです。個体差の少ない妊娠初期に算出された出産予定日が正確だとされています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
妊娠あるある

 

妊娠が分かると、出産予定日がいつなのか気になりますよね。妊娠前の生理開始日から大体の出産予定日を計算する方法もありますが、人によって生理周期が違うため、はっきりした出産予定日を割り出すことができません。

 

そこで今回は、意外と知らない出産予定日の秘密についてご紹介します!

 

出産予定日を計算する方法

 

出産予定日を割り出す方法はいくつかあります。まず自分で計算できる方法ですが、妊娠前の生理開始日から280日足す方法です。

 

これは28日周期の場合で、必ずしも全員に当てはまりません。中には生理周期が長い方や短い方、生理不順の方もいるので正しい出産予定日を知ることができません。

 

もうひとつの方法は、赤ちゃんの大きさをもとに出産予定日を割り出す方法です。生理開始日から計算するより確定度が高くなります。

 

正確な出産予定日は〇〇を見れば分かる?

 

正確な出産予定日を知るには「超音波検査」が必要です。そこで目にする超音波写真の「DEL」と記載されている箇所に注目!こちらに赤ちゃんの頭~おしりまでの長さを計測して割り出した出産予定日が記載されています。

 

機器によっては「EDC」と表示されている場合も。正確な出産予定日は超音波写真を見ると分かっちゃうんです。妊娠中期以降になると個体差が出るので、妊娠初期に算出された出産予定日が正確だとされています。

 


あくまで「予定日」ということを忘れずに

 

正確な出産予定日が分かっていても、実際に予定日に産まれる赤ちゃんは20人に1人程度といわれています。とくに初産婦の場合、出産予定日を過ぎても産まれないケースが多いです。出産予定は、あくまで予定ということを忘れずに。

 

赤ちゃんがいつ産まれてもおかしくない「正期産」は35日間あります。出産日を決めるのは、赤ちゃん自身です。あまり予定日にとらわれ過ぎず、リラックスしてお産の日を待ちましょうね。

 

出産予定日が近付くにつれ、いつ陣痛が始まるのかとドキドキするもの。いま現在、陣痛が起こるメカニズムは医学的に解明されていません。赤ちゃん自らの意思で産まれてくるとも言われていて、改めて生命誕生の神秘さを感じますね。(TEXT:田中由惟)

 


  • 1
  • 0
  • 2
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。