【ママのリアルお金事情】大学までの子育て費用は3,000万かかる!?

2016/09/14 13:00
未就園児から大学までにかかる子育て費用は平均して2,000万円程度、高くて3,000万円程度かかるともいわれています。未就園児の子育て費用は年間で約80万円に対し、中学校に入ると倍の160万円に急増。進学先によって子育て費用は異なりますが、どんな進路でも困らないよう少しずつ教育資金を確保していく必要があります。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
お金
家計管理


子どもが生まれると気になるのが、「子育て費用は全部でどれくらいかかるのか?」ということ。

 

通う学校によっても異なりますが、いずれは必要になる子育て費用。少しでも早めにお金を貯めていきたいですね。今回は、子育てにどれくらい費用がかかるのか?という子育て費用の実態と資金確保の仕方についてご紹介します。 

 

年代別に見る!子育て費用の実態

 

未就園児の子育て費用は、平均して年間80万円ほどといわれています。それが中学校に入ると年間160万近くに増加。さらには学校教育費だけではなく塾へ通わせる可能性もあるので、思った以上の費用がかかるんですね。

 

次に高校ですが、私立や公立によって費用が大きく変わります。公立で年間約40万、私立で約100万円程度必要。さらに大学へ進学となると、国立で年間約240万、私立で約300~500万円程度必要といわれています。

 

子育て費用は合計で3,000万かかる?

 

たとえ公立高校、国公立大学へ進学したとしても、子育て費用は合計2,000万程度かかります。私立高校や私立理系などへ進学したり、下宿をするなどの学校教育費以外の出費がかかる場合もあります。そういった場合、合計約3,000万もの子育て費用がかかることも予想されます。

 

気が遠くなる金額ですが、一度に数千万円が必要になるわけではありません。どんな進路でも困らないように、今から少しずつ貯蓄していきましょう!

 


どうやって教育資金を確保する!?

 

いちばんポピュラーなのが「学資保険」ですね。通常の貯金に比べ、返戻率が高いのが魅力。また、万が一のときに支払いが免除されるメリットもあります。

 

たとえば0歳児に加入し、18年間月1万円ずつ支払っていくとします。大学進学前に返戻金を含めて200万近く受け取れるケースも。これはかなり大きいですよね。

 

さらに児童手当で支給されるお金も貯めていくなど、無理のない程度にコツコツ貯蓄していくことが大切です。

 

どんなときでもお金の悩みは尽きないもの。将来、どうしても教育資金が不足する場合は「奨学金」を利用することもできます。貯蓄制度を上手に利用し、無理のない程度に子育て費用を準備できるといいですね。(TEXT:田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。