ベビーの成長に合わせて事故対策!やっておきたい対策と心構え

2016/09/16 20:00
子どもの成長時期によって起こりやすい事故があります。誤飲や転落などの事故を防ぐためにもお部屋の掃除や危険なものを赤ちゃんの近くに置かないように注意しましょう。興味があるものに突進していく赤ちゃんは、玄関から落っこちることも。扉に指を挟む危険もありますね。赤ちゃんが危険な場所にいないか注意しましょう。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
住まい
事故


寝返りやハイハイ、つかまり立ちや歩き始めといった赤ちゃんの成長は、ママ・パパにとってうれしいことですよね。

 

うちの子はハイハイのころ、掃除機を使っていると追いかけてきたり、1階のサッシから外に出ちゃったりと驚かされました。そんな成長に合わせて出てくる、ケガや事故から赤ちゃんを守るためにやっておきたいことをお伝えします。

 

寝返りが始まる前にやっておくこと

 

赤ちゃんの寝返りが始まる前に、ベッドの柵はいつも上げておくクセをつけましょう。赤ちゃんがベッドから落下するのを防ぐためです。まだ寝返りができない仰向けのままでも、足を使ってずりずりと進んでいったり、手を伸ばして周りの物をつかもうとしたりします。

 

また、よだれが増えてくる子も多く、赤ちゃんは何でも口へ持っていきます。危ないものは赤ちゃんの周りに置かない、こまめに掃除することを心がけたいですね。

 

ハイハイの前にやっておくこと

 

ハイハイが始まったら、まず台所が要注意スポットです。低い位置の引き出しや扉は赤ちゃんにとって1度はハマる探検場所となります。漂白剤や洗剤など、危ないものは高い場所に移動し、小さいものなどは片付けて誤飲を防ぎましょう。

 

興味があるものに突進していく赤ちゃんは、玄関から落っこちることも。扉に指を挟む危険もありますね。赤ちゃんが危険な場所にいないか注意したいものです。


ハイハイで動けるようになった赤ちゃんとは、かくれんぼ遊びやハイハイ競争をして遊んであげましょう。動き回るので、おむつはズレにくいパンツタイプがおすすめです。

 


ハイハイ上級者はよじ登ることも!?

 

歩き出す前に、イスやテーブルの上に登ってしまう元気な子もいます。ソファーやテーブルに布をかけている場合は、布をつかんでそのままズルッと落ちてしまうことがあるので危険です。

 

うちの子はテレビ台に乗ったり、イスをひっくり返したり、自分で降りられないのにテーブルに登って「降ろしてー」と訴えたりの繰り返しでした。可能であれば、階段などの前にはベビーサークルをつけ、家具の角にはクッション材をつけておきましょう。

 

わが子は、台所で新聞のチラシを口に突っ込んで、よだれを含んだ塊がのどに詰まりそうになったこともあります。成長すると、徐々に危ないものを認識するようになるので、それまでは目を離さずに過ごしてくださいね。(TEXT:斉藤あや)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。