上司への妊娠報告!いつ言うべき?うまく伝えるポイントは?

2016/10/15 13:00
職場への妊娠報告のタイミングで注意したいのが、職場環境とママの体調に留意することです。体調が優れずに度々休む可能性を考えると、なるべく早めに上司へ報告することをおすすめしたいです。妊娠報告と併せて、出産後も働くのか退社するのかも伝えましょう。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
体験談
妊娠報告

 

待ちに待った妊娠。両親や友達に報告するのが楽しみですよね。働くママだと、職場にも報告しなければなりません。

 

そこで迷うのが、上司へ妊娠報告を行うタイミングです。今回は、私の体験談を交え、妊娠報告のタイミングや気を付けたい点をご紹介します。

 

職場環境と体調を考え、早めの報告を!

妊娠初期は流産の可能性もあるので、リスクが下がる妊娠3~4カ月ごろに妊娠報告をしたいと考えるママも多いのではないでしょうか?

 

そこで注意したいのが、職場環境とママの体調に留意することです。長時間、立ちっぱなしの仕事や重労働、残業が多いと、体に負担がかかります。

 

体調が優れずに度々休むことになれば周囲に迷惑もかかってしまいます。こういったことを考えると、なるべく早めに上司へ報告するようにしたいですね。

 

私の報告手順はこうでした!

私は幸い事務職で、体調もよかったため、妊娠3カ月に入ったころに上司に妊娠報告をしました。まず報告をしたのは直属の上司です。身近な上司に報告することで、さらに上の上司にも情報がいき、報告するのがスムーズになりました。

 

上司にどうやって話を切り出そうか緊張しましたが、「商談室など人がいない場所でお話ししたいことがあるのですが」と言うと、すぐに話を聞いてもらえました。昼休みなど、周囲に人がいないときを見計らって声を掛けました。

 


報告のポイントを整理しておく

 

妊娠報告と併せて、出産後も働くのか退社するのかも伝えましょう。働く場合はどれくらい産前・産後の休暇を取得するのか、明確にしておくといいですね。

 

また、妊娠中は体調や膨らむおなかが邪魔をして、思うように仕事が進まないことも。周囲の協力が得られるよう、サポート体制をとってもらいましょう。職場によっては、あまりいい顔をされないこともあるかもしれませんが、気にしないこと!なんといっても仕事より、赤ちゃんと自分の体が優先です。

 

 

妊娠初期は、とくに流産の多い時期です。なるべく体に負担がかかることを避けるためにも、早めの報告が安心ですね。妊娠報告後は、周囲が私の体を気遣ってくれるようになりました。もっと早くに報告すべきだったな~と感じています。(TEXT:田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。