子どもと仕事、どっちが大事!?私が体験して学んだこと

2016/09/26 14:00
私はわが子を1歳になったばかりで保育園へ入れました。初めての環境に慣れないことから体調を崩し、そのため仕事復帰後、半年ほどは私も会社を休むことが多かったです。そこで私に立ちはだかったのが、子どもと仕事どちらを優先するのかということ。周囲の協力がなければ、仕事と育児の両立は難しいものだと肌で感じました。

 

まだ抵抗力の弱い小さな子どもを保育園に入れると、当然ながら病気三昧。育児と仕事に奮闘するママは、子どもの体調が気がかりですよね。

 

仕事が忙しいときに限って、保育園から呼び出しがあるとどう感じますか?今回は、私が体験して学んだことをお伝えします。

 

スムーズな職場復帰ができずに苛立つ日々

 

私はわが子を1歳になったばかりで保育園へ入れました。すると仕事復帰した初日から保育園の呼び出し。初めての環境に慣れないことから体調を崩し、そのため仕事復帰後、半年ほどは私も会社を休むことが多くなりました。1カ月のうち2週間保育園へ行けたらいい方でした。

 

そんな環境で周りに迷惑をかけながらの仕事復帰は、周囲の目が厳しくもありました。こんな状態で仕事を続けていいものかと悩みました。

 

何がいちばん大切なのか分からなくなった

 

まだ抵抗力の弱い1歳児。病気にかかりやすく、突然の環境変化に順応できないのは当然のこと。それを分かっていながら、わが子にイライラしてしまったのが正直なところでした。

 

体調を崩したわが子を心配するのが当たり前なのですが、当時はそんな気持ちになれる余裕すらなかったんです。とくに繁忙期に仕事を休むと、休日出勤しなければならないこともあり、保育園の呼び出しがあると「どうしてこんなときに?」と真っ先に感じてしまったんです。

 


ひとりで抱え込まない!

 

私に立ちはだかったのが、子どもと仕事どちらを優先するのかということ。もちろん子どもは大切です。しかし、正社員として働く以上「責任」がのしかかってきます。仕事を休むにも限度があると感じていたんです。

 

この問題を解決すべく、重病でない限りは義母に見てもらうことにしました。また、子どもの体調がいつもと違うと感じたときも義母に預けます。周囲の協力がなければ、仕事と育児の両立は難しいものだと肌で感じました。

 

周りから見たら「当然子どもを優先」と思うかもしれません。しかし、職場環境や自分が置かれている立場によっては、仕事を優先せざるを得ないときもあるはず。そんなとき、周囲の協力が不可欠だということをこの体験を通じて学びました。(TEXT:田中由惟)

 


  • 1
  • 9
  • 2
  • 1

既にクリックしています。

  • わかりきってることしか書いてない・・・

    2016/10/24 14:52

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。