【感染症File】梅毒の女性感染者数が倍増!赤ちゃんにも影響がある?

2016/09/23 09:00
梅毒は「梅毒トレポネーマ」という細菌によって起こる感染症です。主に性行為で感染し、近年女性の感染者数が倍増しています。梅毒は性行為以外に、胎盤を通じておなかの中の赤ちゃんに感染し、「先天性梅毒」を引き起こすことがあります。妊婦健診の初期の血液検査で感染症の検査を行い、梅毒に感染しているとわかったら、ペニシリンの投与を始めます。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
助産師REIKO
妊娠
病気・ケガ
新生児

 

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

妊娠中に感染していると影響を及ぼす可能性がある感染症のひとつとして、前回は「性器クラミジア」についてお話しさせていただきました。

今回は、「梅毒」についてお話ししたいと思います。

 

梅毒って?

梅毒は「梅毒トレポネーマ」という細菌によって起こる感染症です。主に性行為で感染します。

 

昔は不治の病とされていましたが、抗生物質のひとつ「ペニシリン」の普及により一時減少しました。ほかの性感染症に比べると感染者数は多くありませんが、2010年からまた増加し始め、近年女性の感染者数が倍増している感染症でもあります。

 

梅毒に感染するとどうなる?

梅毒に感染すると時間をかけて症状が進み、「第1期」から「第4期」に分けられています。

 

初期症状としては、梅毒に感染した部位にしこりのようなものや潰瘍ができたり、痛みを伴わないふとともの付け根の腫れがみられます。しかし、これらの症状は何もしなくてもよくなることが多いので、梅毒に感染していることを見過ごしてしまうことも。

 

感染力は第1期と第2期が特に強いといわれています。しかし、症状があまりないので、感染が広がってしまう可能性があるんです。

 

 

▶次ページ:妊婦が感染しているとどうなる?治療法は?

 


 

妊娠中のママが感染しているとどうなる?

梅毒は性行為以外に、胎盤を通じておなかの中の赤ちゃんに感染し、「先天性梅毒」を引き起こすことがあります。ママが持っている梅毒トレポネーマの数が多いほど、おなかの赤ちゃんへの感染リスクは高まります。

 

女性の梅毒の感染者数の増加に伴い、先天生梅毒の赤ちゃんの数も増加してきています。先天性梅毒の赤ちゃんは、早産や在胎週数に比べて小さく生まれてくることが多いようです。

 

生まれてすぐは元気に見えても、生後数週間から数カ月後に発疹や鼻詰まり、貧血や黄疸、骨軟骨炎などさまざまな症状が現れます。

 

梅毒の治療法は?

万が一、ママが梅毒に感染していたとしても、妊娠13週ころまでであれば赤ちゃんへの感染する確率は低く、治療効果もあります。そのため、妊婦健診の初期の血液検査で感染症の検査を行い、梅毒に感染しているとわかったら、ペニシリンの投与を始めます。

 

それに加えて、赤ちゃんへの感染の兆候がないか、超音波で赤ちゃんのからだや胎盤の様子を見ていきます。赤ちゃんが先天性梅毒だった場合、ママ同様、ペニシリンを投与して治療します。

 

梅毒の予防は、とくに感染力の強い第1期、第2期の感染者との性行為は避けることです。梅毒は治療可能な感染症ですが、やはり早期発見・早期治療が大切です。気になることがある場合は、早めに受診しましょう。(TEXT:助産師 REIKO)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。