【妊娠・出産のQ&A】妊娠初期、2度のレントゲン撮影は胎児へ影響がありますか

2015/11/19 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
胎児
妊娠初期
レントゲン

妊娠期にレントゲンはいけないとよく聞きます。
妊娠初期に気づかずレントゲンをとってしまったら、胎児に影響がでてしまうのでしょうか。
 
 

Q:妊娠初期、2度のレントゲン撮影は胎児へ影響がありますか

 

妊娠1週目か2週目のあたりに、妊娠しているとは知らず脳神経外科を受診し、2回胸部レントゲン撮影を受けました。

妊娠が判明してから被爆量を問い合わせたところ、1回目が0.4ミリシーベルト、2回目が0.5ミリシーベルトで、計0.9ミリシーベルトとの回答が返ってきました。

現在26週になりますが、特殊超音波検査などでは異常が見つかっていません。

しかし、胎児への影響はどんなものが考えられますか。

妊娠初期の被爆は、胎児及び出生後にどんな影響をもたらすのか、教えていただければと思います。

 

 

A:受精後10日までの被爆は胎児奇形率は上昇しません

受精後10日までの被爆は胎児奇形率は上昇しません。妊娠1週目か2週目であれば、まだ受精していないので影響はないでしょう。

少量の放射線被爆だと小児がんの発症頻度をごくわずかに上昇させる報告がありますが、遺伝子変異を起こすまでの放射線被ばく量はかなりの量であり通常のレントゲン被ばく量では考えれない量です。

このため個人レベルでの発がんリスクは少ないとされています。(回答/太田篤之先生)

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。