【ママの出産体験談】自由に動き、がまんがまんでお産が楽になった!

2016/09/26 17:00
3人の子どもを産みましたが、いちばん楽に産んだのは2人目。1人目のときと3人目のときとの違いは、陣痛の間中、自由に動いたこととひたすらがまんしたこと。決まった姿勢を取り続けるのとでは痛みが丸で違います。そして、がまんすると、体がゆるんでお産が楽になる?!激しい痛みに体力を奪われないので、産後の体の回復も早かったです。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
陣痛

 

3人のお産で私が気付いたのは、陣痛はある程度制御できるということ!そう、冷静になれば陣痛はコントロールできると私は信じています。

 

忘れようとしたら陣痛は遠のき、痛みを積極的に感じたら、どんどん陣痛は進みました。陣痛を感じつつ逃し続けるのが、私が気付いた楽々お産のポイントです。

 

助産院のように自由な体勢で!

 

 

私は3人ともリスクを恐れて病院で産みましたが、助産院での出産は魅力に感じていました。助産院のよさを聞くと、自由な体勢をとれるということ。ならば、可能な限り病院でも自由に過ごすことができたら、と思っていました。

 

私は結果的には陣痛の間は家で過ごしていたので、トイレに行ったり動き回ったりと自由に過ごしていました。今から思うと助産院で産むよりリスキーなことをしたのですが、病院でも自由に動いていいか確認するといいと思います。

 

ひたすら陣痛をがまんがまん!

 

2人目のお産のとき、陣痛は予定日よりも10日も早くやってきました。私の心の準備はできておらず、「これは前駆陣痛」と自分に言い聞かせていました。

 

痛くても気が付かないフリ、痛みが激しくなると、ふーーーーっと口から息を吐いて痛みを逃す。長時間、そうやって過ごしていました。そうやっているうちに赤ちゃんがゆっくり降りてきて、体の準備も整っていたのだと思います。

 


病院について10分で産まれた!

 

ひたすらがまんして、丸1日。「これは前駆陣痛ではなく、やっぱり陣痛だ!」と気が付き、病院へ。到着と同時に破水、分娩台に乗ると医者の到着を待ち、あとはいきむだけ。フンっと一度いきんだだけで、次女はスポンと出てきてくれました。

 

体がゆるみきっているので、赤ちゃんが出てくる痛みはありませんでした。こんなに楽なお産ってあるのかな、と自分でもびっくりしました。

 

お産が楽だったので、産んだあとも体力が残っていて元気いっぱいでした。ポイントは陣痛をガマンするとき、自分がいちばん楽な姿勢をとることだと思います。個人差はあると思いますが、十分に体がゆるむと、赤ちゃんが出てくるときの痛みも減りますよ!(TEXT: 泉裕子)

 


  • 8
  • 4
  • 0
  • 4

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。