出産・産後はどうなる?妊娠高血圧症候群がママと赤ちゃんに及ぼす影響

2016/09/27 09:00
お産の時期や方法は、妊娠高血圧症候群がママとおなかの中の赤ちゃんにどの程度影響を及ぼしているかによって変わってきます。お産後も注意が必要ですが、血圧や蛋白尿の様子によって退院が決まります。

 

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

妊娠中期以降は特に注意が必要な妊娠高血圧症候群。前回は妊娠高血圧症候群がママや赤ちゃんに及ぼす影響や治療についてお話ししました。

妊娠高血圧症候群の治療について読む

今回は、妊娠高血圧症候群の場合のお産の方法や産後についてお話ししたいと思います。

 

お産はどうなる?自然分娩はできる?

お産の時期や方法は、妊娠高血圧症候群がママとおなかの中の赤ちゃんにどの程度影響を及ぼしているかによって変わってきます。

 

妊娠高血圧症候群が軽症で症状が安定している場合は、経腟分娩(赤ちゃんがママの産道を通って生まれてくるお産)も可能です。場合によっては、誘発分娩となる場合もあります。お産の際には血圧の変動やママの自覚症状、赤ちゃんの状態に十分注意しながら経過を見ていく必要があります。

 

ママや赤ちゃんの状態が急に変化する可能性もあるので、その時は帝王切開に切り替わることも。そのため、いつでも帝王切開になってもいいように準備をしてお産に臨む場合もあります。

 

帝王切開になるときってどんなとき?

経腟分娩をすることで、赤ちゃんにストレスがものすごくかかってしまったり、ママの状態が悪化することが予測されたりする場合は、初めから帝王切開となります。

 

また、経腟分娩で経過を見ていたり、予定帝王切開だったとしても、ママや赤ちゃんの状態が悪くなったり、子癇発作、常位胎盤早期剥離などママと赤ちゃんの生命にかかわるような状況になった場合は緊急帝王切開になります。

 

生まれてくる赤ちゃんの状態がよくないと予測されている場合は、NICUの医師と看護師がお産に立ち会うこともあります。このようなケースはママが入院している段階で産科とNICUの医師が情報共有をして、どのタイミングでお産にしていくか決められることが多かったです。

 

 

▶次ページ:お産後はどうなる?

 


 

お産後はどうなる?

妊娠高血圧症候群の治療の基本は、「妊娠の中断=赤ちゃんを産むこと」です。しかし、お産後も注意が必要です。とくに重症の妊娠高血圧症候群のケースでは、血圧を下げるお薬や子癇発作を予防するお薬が点滴で24時間行われたり、血圧や出血量などを始め、全身状態の観察をしていきます。

 

お産後は血圧や蛋白尿の様子によって退院が決まります。お産後も血圧が安定せず、入院が長引いてしまうママもいらっしゃいました。退院後は1カ月健診の前に1度受診というケースもありました。

 

血圧に問題がないママにとってはあまり身近に感じることがないかもしれない妊娠高血圧症候群ですが、産科の医師、助産師にとってはいちばん注意を払っているといってもいい妊娠中の異常です。お産の方針など、産院によってまた違うと思いますが、参考にしていただけたらと思います。(TEXT:助産師 REIKO)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。