【体験談】保湿がカギだった!息子の乳児湿疹、発症から完治まで

2016/09/22 14:00
息子は生後1カ月になるころに乳児湿疹と思われる湿疹がほっぺたを中心に出てしまいました。1カ月健診の際に相談すると、弱いステロイドを処方され、保湿をしっかりするように言われました。頭皮は、入浴の30分前にたっぷりと保湿剤を塗り、保湿はワセリンなどを塗っていました。その結果、保湿をし続けて半年後にはすっかりきれいになっていました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談
肌トラブル

 

息子は生後1カ月になるころに、乳児湿疹と思われる湿疹がほっぺたを中心に出てしまいました。

 

ニキビのように見えるので、保湿することで悪化させてしまわないか心配でしたが、実際はそうではありませんでした。私が実際にしていたことをご紹介します。

 

とにかくひどかった・・・

 

1カ月健診を受けるころに、顔中にニキビのようなものが出始めました。プチプチと赤いできものができ、かゆがったり痛がったりはしていないようでしたが、日に日に増えていく湿疹が心配でたまりませんでした。

 

プチプチできている部分は赤くなっていて、どうにかしなきゃとあせっていた記憶があります。1カ月健診の際に相談すると、弱いステロイドを処方され、保湿をしっかりするように言われました。

 

とまどいながらも保湿をした日々

 

しばらくすると頭皮にも同じような湿疹ができ、体液のようなものが乾燥し、固まっているように見えました。いろいろ調べてみたところ、乳児湿疹は乾燥によってできることが多いので、保湿が大切だとのこと。

 

しかし、ニキビのようにみえることから、”保湿をして悪化させてしまうのでは”と心配しながら、頭皮も含めてこまめに保湿をしていました。

 


 

保湿をしてどうだった?

頭皮に関しては、入浴の30分前にたっぷりと保湿剤を塗ることで、固まっているものを無理なくとることができました。また、顔の保湿はワセリンなど、赤ちゃんが使っても安心なものを使用し、入浴後はもちろん、おむつを替えるたびにかなりの頻度で塗っていました。

 

その結果、1カ月ほどで湿疹はよくなり、頭皮のかたまりも少なくなっていきました。保湿をし続けて半年後にはすっかりきれいになっていました。

 

 

保湿に気を付けたところ、生後半年を過ぎたころから肌がきれいになっていきました。しつこいくらいに保湿するようになってからは顔全体にひどくできることはなく、保湿がいちばんの薬なのだと感じたできごとでした。(TEXT:吉井ゆみ)

 


  • 0
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

赤ちゃんのスキンケアに関するニュース

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。