これって病気!?赤ちゃんがどんどん「でべそ」になってくる!

2016/10/02 18:00
生まれたときは普通のおへそだったのに、気が付いたら少しおへそが出てる!みるみるサイズが大きくなってきて不安だったけど、赤ちゃんにはよくあることらしいです。腹筋が弱く、筋肉の間から腸が出ている状態。おへそを押すとぐちゅっと音がします。治るか不安でしたが半年くらいで落ち着き、今は問題なくぺったんこなおへそになりました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
育児あるある

 

生まれて間もない赤ちゃんが「でべそ」に!?だんだん大きくなっていくおへそ。このまま大きいままなのか、悪い病気ではないかと心配しました。

 

どうして赤ちゃんは「でべそ」になるのか、どうしたらもとに戻るのか、赤ちゃんの「でべそ」に関する体験談です。

 

あれっ?気が付いたらおへそが出ている!

 

生後1カ月くらいのときにおむつ替えをしていたら、「あれ?でべそになってる!」とわが子のおへそがでべそになっていることに気付きました。泣いて腹圧がかかると、おへそがぷくーっと大きくなります。

 

成長とともにおへそも大きくなり3カ月ごろには小梅サイズのでべそに。でべそを指で押してみるとグチュっと音がして、指をはなすともとに戻ります。このまま大きくなったらどうしよう、病気なのかな?と心配になりました。

 

でべその原因は腸!

 

そこで、健診で病院に行ったときに先生に相談することにしました。でべその原因はなんと「腸」なのだそうです。グチュっと音がしていたのは腸の音でした。

 

赤ちゃんは腹筋がまだ弱いので、腸の影響からでべそになってしまうことがあるんだとか。赤ちゃんには比較的多くみられる症状だそうで、そのうち治るので心配いりませんよ、とのこと。悪い病気ではなく安心しました。

 


心配いらず!半年くらいでぺったんこに

 

泣くと相変わらず大きくなるでべそ。心配ないとのことだったので、そのまま見守りました。

 

だんだんと成長し、寝返りやずりばいをするようになり、半年ほどで「でべそ」ではなくなりました。動くようになって腹筋がついてきたからなのか、あんなに飛び出ていたのがウソみたいに今ではぺったんこのおへそです。

 

赤ちゃんがでべそだと、将来どうなるのかすごく心配になりますよね。生まれてすぐは分からないことだらけでママも手探り状態。心配なことは病院の先生や助産師さんに聞いて解決できるといいですね。(TEXT:河村あんじ)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。