【安産のために今できること】妊娠中のマタニティスポーツのすすめ

2016/10/01 09:00
マタニティスポーツにはマタニティスイミングやマタニティヨガ、マタニティビクスなどがあります。出産には体力が必要。運動を行うことで、体力や柔軟性がつきます。そのほか体重管理やストレス解消、腰痛対策など様々な効果を発揮。マタニティスポーツを開催している産院も多く、そういった機会を利用するのも方法です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
体重管理

 

妊娠中はとくに運動から遠ざかってしまいがち。おなかに赤ちゃんがいると思うと、この運動はNGでは?と心配になりますよね。実際のところは、適度な運動は安産のためにも効果的だといわれています。

 

そこで今回は、妊娠中にぜひ行いたいマタニティスポーツについてご紹介します。

 

マタニティスポーツってなに?

 

マタニティスポーツとは妊娠中期に行うもので、マタニティスイミングやマタニティヨガ、マタニティビクスなどが挙げられます。出産には体力が必要。運動を行うことで、体力や柔軟性がつきます。

 

そのほか、体重管理やストレス解消、腰痛対策などさまざまな効果を発揮してくれます。もちろんマタニティスポーツをしたから必ず安産になるわけではありませんが、マタニティスポーツをしておいたから安産に繋がったケースは多いものです。

 

産院のマタニティスポーツ教室に参加する

 

マタニティスポーツを開催している産院も多く、そういった機会を利用するのも方法です。私が通った産院ではマタニティビクス教室が開催されていました。費用がかからなかったのが驚き。

 

産院で開催される教室は、比較的費用負担が少ないケースが多いようです。マタニティビクスの内容は、最初に血圧などを測ったあと軽いストレッチから始めます。次に腕の曲げ伸ばしやジャンプ、回転するなど音楽に合わせて体を動かしていきます。

 


やっぱり運動は苦手・・・そんなママには

 

マタニティスポーツは運動が苦手なママでも参加しやすいですが、なかには教室に参加してまでは・・・と思うママもいるでしょう。

 

そんなママには「ウォーキング」がおすすめ!しかし、ただ歩くだけでは飽きてしまいます。スーパーへ歩いて行く、駅やバス停はひとつ前で降りるなど、ふだんの生活のなかでウォーキングにあてる時間を決めてみても。知らず知らずのうちに、基礎体力がついてきますよ。

 

妊娠中は母体に負担がかかるような激しい運動はNGですが、安産のためにも適度な運動をしておきたいですね。ただ、主治医から運動を控えるよう指示されている場合は控えておきましょう。あくまで体調を最優先で。(TEXT:田中由惟)

 


  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。