妊娠中、車の運転はしていいの?注意する点は?

2016/10/02 14:00
基本的に妊娠中の車の運転は、とくに問題ないといわれています。しかし体調が優れない場合は交通機関を利用するなどして、なるべく運転を控えた方が安心です。車の運転は同じ姿勢をとり続けます。そのため、長時間運転すると血行が悪くなりお腹の張りに繋がることもあります。たとえ体調がよくても、適度に休憩を入れることを忘れずに。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
妊娠中のQ&A

 

妊娠中に車の運転ができないとなると、日常生活に支障が出ることもありますよね。買い物や通院など、車がなければ移動ができないことも。

 

さすがに転倒の危険性がある二輪は控えるべきですが、車の運転に関してはどうなのでしょうか?車の運転をする際の注意点も併せてご紹介します。

 

妊娠中、車の運転に問題はある?

 

基本的に妊娠中の車の運転は、とくに問題がないといわれています。しかし、妊娠中はホルモンバランスの影響で体調が崩れやすいほか、ささいなことでイライラしやすくなります。

 

体調が優れない場合は交通機関を利用するなどして、なるべく運転を控えた方が安心です。両親や夫など代わりに運転ができる人に協力をしてもらうことも大切です。無理をして事故を起こしては、元も子もありませんからね。

 

絶対に運転を控えるべきなのは?

 

妊娠中に限らず、運転を控えるべきなのが「眠気があるとき」です。誰もが分かることですが、眠気があるときに運転をしてしまうと思いもよらぬ事態に陥ってしまうことも。少し運転するだけだから大丈夫と思わず、眠気がある場合は運転を避けましょう。

 

とくに妊娠初期は、眠気が出やすいこともあるので注意が必要です。また、薬を飲んでいる場合も気を付けたいですね。

 


適度に休みながら運転を!

 

車の運転は同じ姿勢をとり続けます。そのため、長時間運転すると血行が悪くなり、おなかの張りに繋がることもあります。たとえ体調がよくても、適度に休憩を入れることを忘れずに。

 

できれば、車外に出て体を伸ばすなど軽く体を動かせるといいですね。私は運転が好きで、つい長時間運転してしまうことが多くありました。その結果、腰痛や足のむくみに悩まされたことも。最低でも2時間に1回は休憩を取りたいですね。

 

注意さえすれば、車の運転は可能です。海や山へ出かけるなど、ドライブを楽しむのも今ならでは。赤ちゃんが生まれると、こうした時間も取りづらくなります。体調に留意しながら、今できる楽しみを持てるといいですね。(TEXT:田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。