【体験談】なぜかイライラ・・・妊娠中の情緒不安定、どう乗り切る?

2016/10/01 14:00
妊娠24週に入ったころ。妊娠をしてうれしいはずなのに、なぜかイライラしたり悲しくなったりました。理由が分からないため、この悩みを誰にも打ち明けることができませんでした。情緒不安定になりやすい原因は、ホルモンバランスの急激な変化により起こる症状だそう。私のストレス撃退法は「趣味に打ち込むこと」です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠の悩み
体験談
妊娠中のQ&A

 

妊娠中に理由もなく悲しくなったり、イライラしたりしたことはありませんか?私も妊娠をしたとたんに、突然不安に襲われる、涙が出てくるなど、情緒不安定になった時期がありました。

 

そこで今回は、自身の体験談を交え、情緒不安定になりやすい原因や対策についてお伝えします。

 

妊娠中に情緒不安定になりやすい理由

 

妊娠24週に入ったころ、妊娠をしてうれしいはずなのに、なぜかイライラしたり悲しくなったりしたことがありました。理由が分からないため、この悩みを誰にも打ち明けることができませんでした。ひとりで抱え込むことでさらに精神的苦痛に。

 

実際、私のように悩むママは全体の8割近くいるそうです。自分だけではないと知ったときは、なんだかホッとしました。情緒不安定になりやすい原因は、ホルモンバランスの急激な変化により起こる症状だそうです。

 

妊娠中期に症状が落ち着いた

情緒不安定が落ち着いてきたのは妊娠中期に入ったころでした。ホルモンの分泌が落ち着いてくるのも、この時期なんだとか。ホルモンと体、心は密接な関係にあるんだなと感じました。

 

しかし症状は人によってさまざま。おなかがふくらんで動きづらくなったストレスや出産への不安などから悪循環に陥るケースも。また、出産が近付くにつれ「胎盤性ホルモン」の分泌が増えるため、妊娠初期同様の症状が見られることもあります。

 


どう乗り切る?ストレス撃退法

 

私のストレス撃退法は「趣味に打ち込むこと」です。ピアノを弾いたり音楽を聴いたりすることが好きなのですが、趣味時間は心の底から「楽しい」と思うことができました。

 

赤ちゃんの心配がある場合はとことん医師に聞く、友達とひたすらおしゃべりする、お昼寝をするのも立派なストレス解消法だと思います。自分にとって、何がいちばんリラックスできるのかを考えてみるといいかもしれませんね。

 

ストレスをため込むと、血管が収縮しておなかが張ることもあります。妊娠中は精神的な影響も大きいもの。同じ境遇のママと悩みを話し合うのもいいですね。自分なりのストレスの解消法を見つけ、大変な時期を乗り切りましょう。(TEXT:田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。