【4コマ漫画】脱力系ゆる育児日記 第20話~2歳でMRI!?~

2016/09/21 17:00
2歳の保育園の定期検診のときに、軽い気持ちで頭のぶよぶよしたコブのことを連絡ノートに書いたら、最終的に精密検査をすることに。N子は若干2歳にしてMRIとCTと全身レントゲンを体験。2歳当時、時期はちょうどクリスマス。何も知らないN子に、サンタさんは超豪華過ぎるプレゼントを用意してくれましたとさ。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
特集

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは。高齢育児中のイラストレーターやましたともこでございます。

 

今週は、長女N子が2歳でMRIを受けたときのお話です。

 

 

 

2歳の保育園の定期検診のときに、軽い気持ちで、赤ちゃんのときからある”頭のぶよぶよしたコブ”のことを連絡ノートに書いたら「ぶよぶよしたコブは悪い病気の可能性があるので、かかりつけの小児科を受信してください」とのこと。

 

わお!と思いつつも、軽い気持ちでかかりつけの小児科に行くと「念のため大きい病院で見てもらってください」とのこと。

 

ほんまに?とまだまだ軽い気持ちで大きい病院に行くと「抗がん治療が必要な深刻な病気かもしれないので検査しましょう」とのこと。

 

 

ひえ〜〜〜〜〜

 

倒れる!倒れる!!

わたしのかわいいN子が〜〜〜!!!

 

 

この間まで普通のお母さんだった私が、たった1週間程度で「深刻な病気かもしれない子のシリアスなお母さん」に。明るく楽しい家庭は、何でもないようなことが幸せだったと思うトラブ○ューな雰囲気に・・・。

 

 

そして、N子は若干2歳にしてMRIとCTと全身レントゲンを体験。
 

検査結果は「頭蓋骨膜洞(ずがいこつまくどう)」というまずまず大丈夫な病気とのことでしたが、5歳になる今年まで悪い病気の可能性がないかチェックのため、毎年1〜2回MRIを受けました。

 

 

 

 

2歳当時、時期はちょうどクリスマス。
 

何も知らないN子に、サンタさんは超豪華過ぎるプレゼントを用意してくれましたとさ。

 

 

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週水曜日にお届けしています!

 


▼過去のお話はこちら▼

 

 

  

 

   

 

       

 

  

 

   

 

      

 

  

    

 


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


  • 2
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード