マタニティマークは危ない!?つけるべきか悩んでいる人へ

2016/09/30 10:00
妊娠したらバッグなどに付けるマタニティマーク。あなたはつけていますか?マタニティマークをつけていることで危険なめにあったという人もいるため、なかなか堂々とつけられないという人も多いのではないでしょうか。しかし、妊娠中は急な体調変化も起こりえるので、マタニティマークをつけておいたほうが、緊急時には安心です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠の悩み
妊娠あるある

 

妊娠したらバッグなどに付けるマタニティマーク。ところが最近では、マタニティマークをつけていることで危険な目にあうという報告もあって、つけるべきか賛否両論の声がでています。

 

自分の身を守るためにはどうすればいいのでしょうか?

 

マタニティマークの役割って?

自治体や駅の窓口などで配布しているマタニティマーク、どんな目的で作られたものか知っていますか?

 

見た目では妊娠しているとわかりにくい妊娠初期に倒れたりしたとき、救急隊がお腹が大きくなくても妊婦さんだとわかるようにする目印としての役割が大きいのです。そして、もうひとつは公共機関などにポスターを掲示することで、妊婦さんに優しい環境造りを推進する目的もあります。

 

マタニティマークへの批判とは

ところが最近、電車に乗る妊婦さんに対して「優先されて当たり前だと思っている」「妊娠は病気じゃないのに特別扱いはおかしい」といった声が、ネットを中心に広まっています。そして悲しいことに、マタニティマークをつけていたために見ず知らずの人から暴言を吐かれた、お腹を殴られた、突き飛ばされたといった声が寄せられているのです。

 

あなたはつける?つけない?

そんな風潮から、トラブルを避けるために「マタニティマークはつけない」と判断する妊婦さんも増えています。確かに、電車やバスでつけて立っていると、優先席ではなくても席を譲っていただくことがあって、元気なときは申し訳ない気持ちになりますよね。

 

ただ、最初にお伝えしたようにマタニティマークは「事故や災害など万が一のときに適切な処置を受けるため」のもの。妊娠中は急な体調変化も起こりえるので、やはり妊娠をしたらマタニティマークをつけることを推奨します。公共機関で肩身が狭いということでしたら、そのときだけバッグの中にしまってもいいのではないでしょうか。

 

 

妊婦さんに嫌がらせをするなんて悲しい時代ですよね。だけど実際は温かい目で見てくれる人も多いですし、マタニティマークは妊婦さんにとって必要なもの。赤ちゃんと自分の身をしっかりと守りましょう。(TEXT:妹尾香雪)


  • 6
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。