ブドウ球菌が繁殖!?生後2週間で出たひどい乳児湿疹エピソード

2016/10/19 22:00
沐浴の回数が制限されていた事、顔の汗拭きが甘かった事、服が厚すぎた事など、様々な原因が重なって、息子はひどい乳児湿疹を発症しました。最初は赤い湿疹だったのが、次第に膿を持ち始めたのです。病院に駆け込むと抗生物質が必要な状態でした。その体験談と、赤ちゃんのお肌ケアはこまめに行った方が良い事をお伝えしたいです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
肌トラブル

 

新生児によく起こる「乳児湿疹」。とくに多いのは「脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)」で、生まれたての赤ちゃんは新陳代謝が活発なため、分泌された皮脂などが毛穴に詰まりやすいのが原因なのだそうです。

 

わが家の息子も乳児湿疹を発症したのですが、次第に悪化してしまい、病院に駆け込みました!そのときの体験談をお伝えします。

 

おでこにできた赤い湿疹

 

息子が生後2週間になったころ、おでこに赤い湿疹が出始めました。調べてみると乳児湿疹らしく、ケアは沐浴のときに洗うこと。

 

息子はこのころ体重が増えず、体に負担がかかるため、沐浴を2日に1回に制限されていました。そのため沐浴せずに体を拭く日には、顔も注意して拭くように。

 

しかし、何日もしないうちに、おでこに白い膿ができ始めたのです!ぷよぷよした感触の膿は、次第に数が増えて広がっていき、私は不安に襲われました。

 

何が起きた!?白い膿が発生

 

「顔にブドウ球菌が繁殖している。抗生物質で早く症状を治めた方がいい」息子を生んだ産院に駆け込むとそう診断されました。

 

どうやら沐浴をしない日、顔の拭き方が甘かったようで、皮脂や汗がぬぐいきれていなかったのです。そして、汚れが残っていたおでこに菌が繁殖!というわけです。

 

さらにそのころ、季節は真冬。心配して着込ませていた服も暑かったようで、たくさんの汗をかいていたことも湿疹が悪化した原因でした。

 


こまめにお肌のケアを!

 

産院からは数日分の抗生物質をもらい、その後、漢方薬に切り替えて1カ月間、服薬しました。水で溶かしてスプーンに乗せると、案外上手に舐めて飲むのにはビックリ!

 

沐浴では、よく泡立てた石けんで顔を洗い、塗り薬ではなく市販の保湿剤で毎日ケアしました。服も薄手のものに買い替え、汗拭きもこまめにしました。赤ちゃんは汗腺が未熟なため、汗が見えにくいこともありますが、定期的に拭いてあげることが大切だと実感しました。

 

 

その後、膿はかさぶたになり、3カ月後には元通りキレイになりました。症状がひどくない場合は、家でのケアで十分な場合もありますので、赤ちゃんのお肌のお手入れは普段からこまめに行ってあげましょう!(TEXT:唐木田幸)

 


  • 0
  • 0
  • 3
  • 5

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。