【体験談】うちの子、どもってる?吃音(きつおん)ってなに?

2016/10/04 19:00
小さいうちに吃音の症状が出たときには、自然に治る事を期待して「意識をさせない」対応をとるようにアドバイスされました。「言い直させない」「会話を成り立たせる」ように気を付けて過ごしていましたが、息子にとっては、自分が最後まで話をするから、ちゃんと聞いていてほしいということの方が大事だったようです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
障害
育児の悩み
体験談
発達

 

わが子にあどけない声で「おとうさん」「おかあさん」と呼ばれると、本当にかわいらしくて愛おしく思います。息子はお姉ちゃんの影響を受けてか、早くからおしゃべりが始まりました。

 

そんな息子の吃音(きつおん)が始まったのは、2歳半の春でした。

 

吃音ってなに?

「吃音症」とは言葉がすんなりと出てこない疾病、または障害だといわれていて、症状は大きく3つあげられます。

 

「お、お、お、お母さん」と同じ言葉を繰り返してしまう「連発」。「おーーー母さん」と伸ばす「伸発」。「・・・・・・お母さん」とつまって言葉が出ない「難発」です。原因は判明しておらず、そのために解決方法もわかっていないのだそうです。

 

息子の症状は「連発」といわれるもので、「お」がつく言葉に強く症状が現れたので、「お母さん・お父さん」ではなく「パパ・ママ」と呼ばせるようにしました。

 

吃音が見られた息子にどう対応したか

息子に吃音が見られたとき、本を読んだり、子育て相談ダイヤルに相談したりと情報を集めました。

 

そのときに得たアドバイスは、「意識をさせない」「言葉を言い直さない」「会話を成り立たせることが大切だから、話しにくそうなときには変わりに親が話してあげる」ということでした。

 

おじいちゃん、おばあちゃんは息子に対して「ふざけてないで、ちゃんと話しなさい」と言い直させることが多かったので、吃音を指摘しないようにお願いをしました。

 


 

息子に対して、とくに気を付けたこと

そんなある日、息子が「す、す、す・・・」と話し始めたので、私が「滑り台で?」と会話を成り立たせようとしたとき、「ど、ど、どうして、先に言っちゃうのぉ!!」と息子が泣きながら訴えました。息子は自分で最後まで話したかったのです。

 

本の内容やセンターからの指導とは違うことになってしまいましたが、それ以来は、言いづらそうにしていても、とにかく話を最後まで聞くように気を付けて過ごしました。

 

2歳から4歳だと、吃音が出ても「様子をみましょう」と言われることが多いかもしれません。そんなとき、周りの大人がその子にあった環境を整えた状態で「様子を見る」ことができたらいいですね。(TEXT:田中良子)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。