妊娠線ってどうしてできるの?個人差がある?予防法は?

2016/10/05 13:00
妊娠線は、妊婦さん全員ができるわけではありませんが、妊娠線ができやすい体質の人もいます。妊娠線の予防にいちばん効果的なのは、保湿です。保湿のほかには、腹帯やガードルなどでおなかを適度におさえることで、皮膚が伸びすぎるのも防ぐことができます。もし、妊娠線ができてしまっても、なるべく薄くするために保湿ケアを続けてくださいね。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
妊娠の悩み
妊娠中のQ&A
妊娠線

 

妊娠線の予防について、実際はどんなものなのかわからない方も多いと思います。妊娠線のできる仕組みを理解して、妊娠線を予防しましょう!毎日でも簡単にできる妊娠線予防対策も紹介します。

 

妊娠線って何?

妊娠すると胎児が成長するにつれて子宮が大きくなっていき、それにつれて表面の皮膚も当然ですが伸びていきます。その下の真皮や皮下組織は、急激に増える脂肪細胞についていくのがやっとの状態です。

 

表皮はある程度伸びやすいのですが、その下にある真皮や皮下組織はついていけずに切れてしまうことがあります。この切れてしまったところから毛細血管が透けることによって赤紫色に見える線、これが妊娠線です。

 

妊娠線ってみんなできるの?

妊娠線は、妊婦さん全員ができるわけではありません。妊娠線予防のケアをどんなにでぃていても、妊娠線ができやすい体質という人もいます。

 

妊娠線ができやすいといわれているのは、妊娠中の体重増加が12㎏以上の人、もともと小柄で痩せている人、多胎妊娠の人、アトピー体質の人、高齢妊娠の人、経産婦の人、乾燥肌の人などが挙げられます。

 

これらの条件に当てはまる人で、「妊娠線ができてほしくない!」と思う人は、とくにケアに気を付ける必要があります。

 


 

妊娠線を予防するには?

妊娠線の予防にいちばん効果的なのは、保湿だといわれています。妊娠線の予防は妊娠4カ月ごろから、といわれることが多いと思います。ですが、妊娠がわかって母子手帳をもらったら、ぜひ早めにおなかの保湿ケアを始めてください。

 

保湿ケアのクリームは、妊娠線予防専門のクリームもありますが、保湿効果の高めのボディークリームでも代用できます。量を惜しまず、たっぷりと塗りましょう。お風呂上りはもちろんですが、朝の身支度の際に塗るのも忘れないでくださいね。

 

 

保湿のほかには、腹帯やガードルなどでおなかを適度におさえることで、皮膚が伸びすぎるのも防ぐことができます。もし、妊娠線ができてしまっても、なるべく薄くするために保湿ケアを続けてくださいね。できてしまった妊娠線にはマッサージも有効です。(TEXT:吉井ゆみ)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。