【小阪産病院の産院ごはん】ママたちが再来院したくなる味を目指して

2016/10/04 13:00
産院ごはんインタビュー第6回は、大阪府東大阪市の産婦人科「小阪産病院」の産院ごはん。年間約2,000人と、国内トップクラス出生数を誇る小阪産病院は、総勢28名で1日約140人分の食事を提供しています。その給食課の責任者の佐藤けい子課長と、リーガロイヤルホテルから調理に来ている桶谷幸司シェフにお話を伺ってきました。
カテゴリ│
更新情報
中カテゴリ:


クックパッドベビーでは、全国の産婦人科の「産院ごはん」を取材し、その魅力とおいしさの秘訣をお届けしています。

 

第6回は、大阪府東大阪市の産婦人科「小阪産病院」の産院ごはんをご紹介します。
 

小阪産病院の産院ごはん、おいしさの秘訣とは?

小阪産病院の「お祝いディナー」は目にも鮮やか!

年間約2,000人と、国内トップクラス出生数を誇る小阪産病院は、総勢28名で1日約140人分(職員食含む)の食事を提供しています。その給食課の責任者の佐藤けい子課長と、リーガロイヤルホテルから調理に来ている桶谷幸司シェフにお話を伺ってきました。

 

小阪産病院は、地域と一体となった子育て環境を目指していることもあり、給食課としても、食材はすべて地域の八百屋や魚屋、肉屋から仕入れているとのこと。食を通しても地域一体となって取り組みをされていらっしゃいます。

 インタビューの続きを読む 

 


  • 2
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

更新情報の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

更新情報に関するキーワード