【ママの出産体験談】赤ちゃん出産までの道のり、こんな流れでした!

2016/10/12 13:00
私の出産は破水から始まりました。陣痛が5分間隔になり病院へ。陣痛室で過ごすものの、なかなか陣痛が進まず、過呼吸や痛みに耐えながらご飯を食べたりシャワーを浴びたりして一夜を明かしました。翌明け方赤ちゃんの心拍が弱まったため、陣痛促進剤を使い吸引分娩で27時間掛かってようやく出産できました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
陣痛

 

これから出産をされる妊婦さんは、出産がどんなものかとても不安だと思います。私が経験してみて思ったのは、するんと生まれる場合だけではなく、大変なケースもあらかじめ教えてほしかった!ということです。

 

私の経験から、出産の流れや大変だったことをお伝えします。

 

陣痛開始、そして病院へ

 

夜中の2時ごろに腹痛で目覚め、おなかを下しました。また、血の混ざった透明なおりものが出ており、破水かな?と思いましたが、判断できないくらいの量だったため、とりあえず様子を見ることに。

 

午前7時ごろ、おなかが痛くなるのが5分置きになったところで陣痛と確信し、病院へ電話。朝ごはんを食べ、あらかじめ登録していた陣痛タクシーを使って病院まで行きました。

 

病院では検尿後、先生の診察があり、破水しているが子宮口が開くまで様子をみると言われました。

 

陣痛室での痛みとの戦い

 

それから陣痛室に移動し、陣痛が進むのを待つことに。あまりの痛みで呼吸がおかしくなり、序盤で過呼吸になってしまいました。

 

しかし、痛みとはうらはらに陣痛がまったく進まず、ごはんを食べるように言われましたが、ほとんど食べられませんでした。その後は、倒れたらどうしようとドキドキしながらシャワーを浴びました。

 

途中で先生が、手で子宮口を広げたりもしましたが(ものすごく痛かった!)10cmまで開かず、激痛でぐったりしながら一夜を明かしました。

 


いよいよ分娩室へ

 

明け方に分娩室へ移動し、陣痛と赤ちゃんの心拍をモニタリングしていると、先生方が走ってきました。赤ちゃんの心拍が落ちてきているとのことで、万が一に備え、帝王切開用の採血と手術の同意書にサインをしました。

 

陣痛促進剤を投与し、陣痛はやっと1分おきに。先生が子宮口を10cmまで広げて、やっとGOサインが出ました。しかし、赤ちゃんが自分で出てくることができないとのことで、吸引分娩でなんとか無事に生まれました。

 

 

27時間かかっての出産。私の場合、帝王切開の一歩手前の状態でしたが、なんとか経膣分娩となりました。子どもが1歳になる今となっては、それもいい思い出です。赤ちゃんと会うための壮絶な旅だと思ってがんばりましょう!(TEXT:桜井みお)

 


  • 2
  • 3
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。