赤ちゃんの平熱って何度くらい?体温の変化で赤ちゃんの体調がわかる!

2016/10/11 20:00
赤ちゃんの平熱は、1歳くらいまでは36.5~37.5℃が平均です。新生児期の赤ちゃんは、特に体温調節がまだうまくできません。平熱よりも体温が高い場合でも、その他の症状がないようであれば、まず着ているものを1枚脱がせて様子をみましょう。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
病気・ケガ
新生児
体温・平熱

 

赤ちゃんは、言葉で自分の体調の変化を伝えることができません。ママが赤ちゃんの体調を知るうえで大切なことのひとつが、赤ちゃんの平熱です。

 

平熱がわかれば、熱があるときに検温することで、どのくらい発熱しているのかがわかりますよね。

 

平熱にはそれぞれ個人差がありますので、赤ちゃんそれぞれの平熱をあらかじめ把握しておくことが大切です。

 

赤ちゃんの平熱は、大人よりも高め

 

赤ちゃんの平熱は、1歳くらいまでは36.5~37.5℃が平均です。でも、これはあくまでも平均なので、赤ちゃんによってそれぞれ個人差があるもの。よって、わが子ののだいたいの平熱をママが把握しておくことが大切です。

 

平熱がわかっていれば、熱が出たときにすぐ気が付けます。抱っこしたときに、いつもよりも体が熱い?と感じたら、まずは熱を測ってみてましょう。

 

病気以外の可能性も考えましょう

 

新生児期の赤ちゃんは、とくに体温調節がまだうまくできません。泣いたあとや室温が高い場合など、外からの影響で熱を溜めやすい状態です。

 

平熱よりも体温が高い場合でも、そのほかの症状がないようであれば、まず着ているものを1枚脱がせて様子をみましょう。

 

それでも38℃以上の熱があったり、ぐったりしている場合などは、早めに受診したほうが安心ですね。

 


眠くなった赤ちゃんの手足はポカポカ!

 

また、ふと気付くと赤ちゃんの手足が温かい場合、それは眠くなったサインかもしれません。

 

ご機嫌で遊んでいても、手足を触るとポカポカ!なかなか寝てくれないタイプの子で、毎日の寝かしつけが大変な場合でも、寝付く前にはだんだんと手足があたたかくなり、間もなくするとぐっすりです。

 

子どもがなかなか寝付けないときには、手足をあたためてあげると、寝つきが早くなりますよ。

 

 

寝る前や起きてすぐは体温が高くなりやすいもの。日中に何度か検温して、赤ちゃんの平熱を把握しておきましょう。赤ちゃんの体調は、熱だけで判断できないこともあります。ちょっとした体調の変化にもすぐに気付いてあげたいですね。(TEXT:会津ちよこ)

 


  • 1
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。