来月から申し込み開始!知っておきたい保育園の選び方のポイント

2016/10/12 10:00
いよいよ11月から来春の保育園の申し込みが始まります。今育児休暇中のママにとってはいちばん気になるところ。でも家から近いだけでいいの?という疑問もあると思います。そこで知っておきたいのが園選びのポイント。まずは必ず見学に行くこと。資料や外観からではわからないことがたくさんあります。子どもが長時間過ごす場所ですので、ママが目で見て環境を知ってくことは大切です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
保育園・幼稚園

 

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。この季節がやってまいりました。11月より来春からの保育園生活を送るための申込みがスタートしますね!そこで今回は「保育園の選び方のポイント」についてお伝えいたします。

 

保育園選びは保育園見学から

保育園を申込む前に、必ずやっておいた方がいいことがあります。それは“保育園見学”。区や市で配布される保育園案内やご近所ママの評判も大切ですが、大切なお子さんを長時間も預けるのですから、その保育園でどんな生活を送っているのか?雰囲気なのかを実際に見に行き、知っておくことはとても大切なことです。親子で快適な保育園生活を送るためにも、ぜひ、保育園見学に行っておきましょう!

 

候補園のリストをつくろう!

見学する前には、どんな保育園に通いたいかを書き出し、その条件に当てはまる保育園を何園か選び“候補園のリスト”を作成しましょう。その保育園の保育理念も大切ですが、毎日通うとなると次のようなことも大切になってきます。預けられる年齢・月齢は?自宅から通いやすい場所か?保育時間は?延長は?交通手段や時間は?雨の日はどうするのか?を考えておくといいでしょう。また家から近い場所だけではなく勤め先の近くの保育園も含めて、選んでくださいね。

 


 

2~3回は見学に行こう!

候補園が決まったら、いざ見学に!その保育園がどのような一日を過ごしているのか?を知るためにも見学は1回ではなく数回行くことをおすすめいたします。例えば、登園時、お昼間、下校時、そして行事を見せてもらうのもいいでしょう。

 

ですが、保育園側も忙しい時間帯だと思いますので、必ず連絡を入れてから伺うようにしてくださいね。保育園によっては見学時間が決まっているところもあるので、事前に聞いてみましょう。

 

見学に行ったらメモしておこう

実際に見学にいったら、よかった点、気になった点、印象に残った点などを書き残しておくことをおすすめいたします。そうしておくことで、どの保育園がいいかを考える際に、とても参考になり、希望順位を決めやすくなります。大切なお子さんが毎日通い、長時間過ごす場所になりますので、しっかり見て決めてくださいね。

 

 

 

 

希望の保育園まで赤ちゃんを連れて行くと、近いけど坂道が多い、少し遠いけど行きやすいなどもわかります。また家からだけでなく、電車通勤の人は駅から保育園までの距離も確認しておきましょう。


日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


  • 1
  • 1
  • 7
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。