離乳食完了期が終わったら、大人と同じ食事が食べられる?

2016/10/16 10:00
1歳半ごろになると離乳食も完了期となります。でも、離乳食が終わったら、大人と同じご飯が食べられるのでしょうか? 答えはノーです。幼児期の子どもは離乳食の延長線と考えましょう。まだ味つけが濃いものや、噛み切りにくいものなど、子どもに向かないメニューもあります。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
コツ・ヒント

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食は生後5ヶ月ごろから始まり、1歳半ごろで終了します。離乳食完了期が終われば、赤ちゃんは大人と一緒の食事を食べてもいいのでしょうか?

 

今日は「離乳食完了期が終わったら大人と一緒の食事でいいの?」というテーマでお話しますね。

 

完了期が終わったら大人の食事と一緒でいい?

答えから言うと、離乳食完了期が終了しても、大人と一緒の食事は食べられません。その理由は2つあります。1つは子どもの内臓は未熟であること、もう1つは身体機能が未熟であることです。

赤ちゃんは生まれてから、母乳やミルクを飲んでいましたが、生後5か月ごろから離乳食を食べ始め、約1年で離乳食完了期が終了します。つまり、まだ食事を食べ始めて1年しかたっていないということです。

 

1歳半の子どもは、まだ内臓機能は大人と同じように働いていないですし、咀嚼力もまだまだ未熟です。大人がすぐに噛み切れる食べ物も、うまく食べることができません。ですので、離乳食完了期が終了しても大人と同じ食事は食べられません。

 

離乳食完了期後はどんな食事がいいの?

離乳食完了期が終わったら幼児食に入ります。幼児食のポイントは「離乳食の延長ととらえる」ということです。


・素材を生かしたメニューにする
・大人の食事よりも薄味にする
・大人の食事よりも小さく軟らかくする
・油ものは少量をたまに
・まだ食べない方がいい食材がある

この5つのポイントを忘れないようにしましょう。
 

考え方は離乳食と同じですね。食べない方がいい食材とは、例えば生卵、刺身、刺激のある食べ物など、離乳食期に食べなかった食材です。初めて食べる食べ物は幼児期になっても「これは大丈夫かな?」といったん立ち止まって考える必要があります。

 

大人の食事から取り分けごはんがラク

とはいえ、幼児になっても子どもだけ別でご飯をわざわざ作るのは大変ですよね。私は、我が子が幼児期のとき、大人と同じメニューをこんな工夫をして食べさせていました。
 

・お味噌汁や煮物はだしで2倍程に薄める
・しょう油やソースをかけるものは少量だけ。かけなくてもOKならかけない
・大人の食事の味つけをだしを効かせて薄めにする

 

 

実は、子どもが小学生になった今も幼児期のまま、だしを効かせた薄味の食事をしています。大人にとっても素材を生かした食事は美味しいので、ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

 


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。


  • 6
  • 0
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。