先輩ママおすすめ!子どもが楽しめる音絵本

2016/10/17 14:00
本屋さんで見かける音絵本。音楽が流れる絵本や、動物や乗り物の音がでる絵本などたくさんの種類があります。
一般の本もあるけど、うちの子どもの興味をひくのは音が出る本です。言葉がまだわからない赤ちゃんも音で楽しめます。小さいうちから本とふれあうきっかけにも。
子どもが楽しめる本を3冊ご紹介します。
カテゴリ│
エンタメ
中カテゴリ:
絵本

 

本屋さんで一般の本と一緒に並ぶ音絵本。音楽が流れる絵本や、動物や乗り物の音が出る絵本など子どもの興味をひく仕掛けがたくさん!

 

音が出る絵本に子どもはくぎ付けです。種類が豊富でどれがいいか迷いますよね。先輩ママおすすめの音絵本を3冊ご紹介します。

 

うつ伏せのころから楽しめる太鼓の音絵本

 

先輩ママおすすめの音絵本、1冊目は太鼓の絵本です。15曲あり、テンポ・ボリューム・音色が変えられます。

 

太鼓をたたくと光るところも子どもの興味をひくポイントです。うつ伏せで顔をあげられる頃から使っていたのですが、小さいボタンはまだ押せないけど、太鼓ならたたきやすいですね。ポンポンたたいて、よろこんで遊んでいました。

 

子どもが大好きアンパンマン!まちの音絵本

 

先輩ママおすすめの音絵本、2冊目はアンパンマンの絵本です。アンパンマンとまちのパトロールに出かけ、乗り物や動物などまちの音を楽しみます。

 

本の星印をおすと音が出る仕組みです。うちの子どもはアンパンマンが大好きなので気に入ってよく遊んでいます。本を押しながら、「パトカー、ウーウー」「ライオン、ガオー」など、おしゃべりしながら楽しんでいました。

 


乗り物好きにはたまらない?!のりもの音絵本

 

先輩ママおすすめの音絵本、3冊目はのりものの絵本です。のりものの音やメロディが流れ、ハンドルとマスコンで運転手になりきって遊べます。

 

ボタンを押して音を出して遊んだり、ごっこ遊びもできるので、赤ちゃんから幼稚園くらいまで長く楽しんでくれそうですね。ライトが光ったり、バスの降車ボタンをおしたり、電車の発車メロディなど、電車や車好きの子どもにはたまらない音絵本です。

 

 

音絵本で子どもはノリノリに。言葉がまだわからない赤ちゃんも、視覚だけでなく聴覚でも楽しめます。小さいうちから本とふれあうきっかけにもなりますね。子どもが喜ぶ音絵本をぜひ試してみてください。(TEXT:河村あんじ)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

エンタメの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

エンタメに関するキーワード