【北欧在住ママの子育て】北欧の秋、太陽不足に負けない体になろう!

2016/10/15 18:00
だんだんと気温が下がって寒くなってくる北欧の冬。同時に、秋から冬にかけては日照時間もどんどん短くなっていきます。そんな気候の中で、子供たちが元気に過ごすために必要なことって?寒くて暗い季節にも負けないで元気に過ごす北欧の子供たち。そんな北欧の秋の様子をご紹介します。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
生活習慣

 

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは!私は日本で出産し、その後フランスに数年間在住、現在は北欧で子育てをしています。

 

だんだんと日照時間が短くなってくる北欧の秋。そんな気候の中で、子どもが健康に過ごすための日常の工夫などをご紹介します。

 

寒くて暗い北欧の秋・・・

 

北欧の秋。10月に入ると、とたんに気温が下がり始めます。10月上旬の最低気温は5度以下、最低気温も10度前後です。日本だとだいたい12月くらいの気温に相当するでしょうか。

 

そして、だんだんと日照時間が短くなってきます。10月から12月は1年の中でも最も日照時間が短い季節です。今住んでいる街では、12月には太陽が昇っているのはなんと最短で6時間!

 

真っ暗だけど、外遊び?

 

そんな北欧では幼稚園や保育園の登下校も、公園で遊ぶのも、もちろん真っ暗な中です。暗い中で子どもたちが公園で遊んでいるって、見慣れないとちょっと不思議な光景。

 

でも、暗い中だって、どんどんと気温が下がってきたって、へっちゃら。つなぎタイプの防寒着を着こんで、元気よく遊びます!

 

また、暗い時期には安全のために反射板ををたくさん身に着けます。キーホルダーやベストタイプのものなど、たくさんの種類がありますよ。

 


体と心に栄養を!

 

そして、太陽に当たらない季節には、不足してくるビタミン類などの栄養素を補うことが必要です。食事からの摂取はもちろんですが、子どもも大人もオメガ3系脂肪酸を含むオイルや、さまざまなビタミンが配合されたサプリメントを毎日利用します。

 

日照時間が短いということは、実は心身ともにとても影響を受けてしまうものなのです。そのため、楽しいことを考えて楽しく過ごすというのも、暗い季節を乗り切るためにはとっても大切なことなんですよ!

 

 

北欧の厳しい気候の中で、子どもの体と心を健康に保つための生活の様子をご紹介しました。毎日おいしいものをたくさん食べて、楽しいこともたくさんしよう!寒さや太陽不足に負けないで、元気ですくすく大きくなあれ。(TEXT:会津ちよこ)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。