立ち合い出産にする?しない?わが家の両家総出のにぎやか出産

2016/10/18 13:00
立ち会い出産を希望する人とそうでない人がいます。夫が立ち会うことで、子どもの誕生を一緒に迎えることができ、親としての自覚をしっかり持つことができるといいます。しかし、妊婦にとって立ち会い出産はいいことだけではありません。出産という人生の大切なできごとのためにも夫婦で話し合いが必要です。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊娠
出産
新生児

 

出産は、家族にとって一大事。誰もが首を長くして新しい命の誕生を待っています。出産の立ち会いの希望は事前に聞かれるものです。しかし、妊婦にとって立ち会い出産とは、いいものなのでしょうか?

 

 私が経験した、両家総出のにぎやか出産の体験談をご紹介します。

 

妊婦にとって立ち会い出産とは?

 

出産時期が近付くと、立ち会い出産の希望を聞かれます。私は、初産で不安もありましたが、いきんでいる姿を人に見られていると気が散りそうで、とくに希望をしていませんでした。

 

一方では、立ち会い出産をすることで、夫にいち早く親としての実感を持ってもらうことができるともいわれています。また、妊婦にとって不安や緊張を軽減させてくれることもあるそうです。立ち会い出産をするかどうかは、夫婦で話し合って決めるのがいちばんだと思います。

 

私が体験したにぎやかな出産

 

私は妊娠期間中、夫の実家でお世話になっていました。臨月になり、新しい命の誕生をみんなで楽しみにしていました。そして早朝に陣痛を感じ、夫と病院へ行くとそのまま分娩室に入りました。

 

初産は経産婦に比べて時間がかかるので、のんびり過ごしていると義父母と実母が来院しました。実母は、私の気持ちを汲んでくれましたが、義父母が分娩室から出ませんでした。初孫の誕生に待ちきれない気持ちで、私より興奮していました。

 


言いにくいことは助産師に伝える!

 

出産の場面を幾度となく経験している助産師は、妊婦の気持ちを誰よりも理解してくれています。 私が分娩室の義父母に困っていた際も、こっそり耳打ちでアドバイスをくれました。

 

また、義父母と嫁という立場から言いにくいことは、助産師から伝えてくれると言ってくれたのです。なかなか嫁から「出て行ってください」とは言えません。困ったことは助産師に耳打ちするのがいちばんでした。

 

 

出産は家族にとって一大事です。その気持ちから、わが家はにぎやかな出産になりましたが、まずは、赤ちゃんが無事に生まれてくることがいちばんです。そのための環境づくりはとっても大切。バタバタにならないように、事前に話し合いをするべきだと思いました。(TEXT:手塚みく)

 


  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

  • 義父母空気よめなさすぎですね(>_<)
    いくら孫が楽しみでも、分娩室まで入ってきて平気な顔をしているなんて考えられない!!
    実母もいるのに妊娠中、義父母の家で過ごされたのは妊婦さんの気持ち的に大丈夫だったのか気になります。もしかして、うちの嫁に来たのだからうちで過ごさなさいといけない的な考えの義父母なら、心配です…

    2016/10/31 02:03

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。