【体験談】赤ちゃんのアトピーはお風呂の入り方でぐんと改善する!

2016/10/18 18:00
湿疹が出ているから、きれいにしなくては!と毎日お風呂に入ると、必要な潤いまで外に出してしまい逆効果になります。保湿剤は湿疹部分の症状を悪化させてしまうことも多いため、まずはしっかりと症状を抑えることが大切ですよ。お風呂の入り方、タオルでこすりすぎないように気を付けて試してみてくださいね。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
アトピー性皮膚炎

 

赤ちゃんのころからアトピー体質なわが家の娘たち。”保湿とお風呂で清潔に”と、どこの病院でも指示されましたが、ひどくなる一方でした。ときには掻きむしって眠れないことも。

 

そんなときに出会った皮膚科の先生からの指示は「お風呂に入らないこと」でした。

 

赤ちゃんのころから真っ赤な肌でした

 

乳児湿疹から始まり、小さなころからカサカサで湿疹が出ていた娘たち。アトピーが出やすい箇所だけではなく全身に広がってしまい、血が出るほど掻きむしってしまうことも。

 

皮膚科でも小児科でも、何種類も塗り薬を処方され、かゆみ止めやアレルギーの飲み薬も飲みましたが、悪化する一方でした。「年齢が上がればよくなるのでは」と思っていましたが、2歳を過ぎてもよくならず、とてもかわいそうでした。

 

お風呂に入らなくても汚くない!

 

そんなとき、友人に紹介してもらった皮膚科に行ってみると「お風呂に入らない・保湿はしない・薬は1種類」と今までとはまったく逆の指示が出ました。

 

びっくりしていると、お風呂に入ることでいちばんうるおいを逃していること、保湿剤が症状を悪化させること、今出ている症状をまず治めることが大切だということを教えてもらいました。

 

子どもの肌は毎日お風呂に入らなくても汚くない、むしろ肌を守っているんだと考えるように、と言われました。

 


半信半疑…でもあっという間に症状が改善しました

 

最初は半信半疑でしたが、数日でみるみる娘の肌がよくなっていくのを見て、本当に驚きました。

 

薬はステロイドが少し入った塗り薬のみ。週に1~2回のお風呂で、お湯に入りすぎないこと、タオルでこすりすぎないことを守るだけ。あっという間に赤みも治まり、夜ぐっすり寝ている子どもたちを見てほっとしました。

 

乾燥してくるとやはりカサカサ、赤い部分が出てきますが早めに薬を塗って掻きすぎないように注意しています。

 

 

症状は人それぞれですが、なかなか治らずに悩んでいる方、まずはお風呂の入り方を見直してみてはいかがでしょうか?うるおいは自分で守ることが、アトピー肌の改善につながるようです。ぜひ試してみてくださいね!(TEXT:山本かやの)

 


  • 18
  • 8
  • 0
  • 8

既にクリックしています。

  • 効果はあると思う。

    2016/10/19 21:02
  • ヒルドイドの、お薬写真にありましたが、
    薬剤師の母がヘパリンが入ってるから使わない方がいいと言ってました。ヘパリンは血液サラサラにする成分なので、出血傾向になるみたいです。
    高齢な方には最適なお薬みたいですけどね

    2016/10/19 22:28
  • ヒルドイドは顔に塗らないほうがいいですよ。
    血行を良くするので湿疹で痒みがあるとき、割れているとき余計に悪化します。
    量も塗りすぎると接触性皮膚炎でかぶれます。
    塗ればいいってものじゃないので気をつけて。

    2016/10/20 12:29
  • うちの子もアトピー(小4)です。
    先日友人からお風呂に浸からない+軽くシャワーするだけのアトピーケアの話を聞いたばかりでした。
    はじめてまだ5日目です。まだこれといった効果はあらわれてませんので、半信半疑ですが、ステロイドや飲み薬に頼らないで済むようになったらさぞ嬉しかろうと思い、実践しています。

    2016/10/21 10:44

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。