【体験談】保育園選びで重視したこと&実際に通園して感じたこと

2016/10/24 19:00
体調不良のときや下の子が生まれた産休・育休中も通園することを考えると、自宅から近いことがベターといえます。そして、年中行事の力の入れ方。子どもから「練習ばかりで外遊びできなくてイヤ」という声も。また、よく病気しているわが子をみると、園の規模も考慮に入れるのもひとつかな、とも考えています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
保活
保育園・幼稚園

 

「どこかの保育園に入れることが優先!願書には可能な限りの保育園を」と考えていたわが家。めでたく入園できたものの、通園し始めるといろいろな欲が出てくるもので・・・。

 

今回は、わが家の体験談をもとに、園選びのときに考えておきたいおすすめポイントを3点ご紹介します。

 

自宅から近いところがベター!

 

希望の園はできるだけ多くの園を書いて願書を出したい・・・。わが家も第一子のときは、自転車やバスを使って数十分かかる園も記載して願書を提出しました。

 

しかし、保育園通園は毎日のこと。大量の服やおむつ、お昼寝布団の持ち帰りなど、月曜と金曜はとくに持ち帰り荷物も大量です。体調不良のときや下の子が生まれてから産休・育休中に通園することを考えると、自宅から近いことがベターといえます。

 

メリットだけじゃない?行事や課外活動の充実

 

第一子が最初に入園した園は、遠足と運動会のみ(幼児のみ参加)と行事に関しては正直少し物足りなさを感じていました。転園時は、2カ月に1回程度、何かしら行事が開催される園に入園できて、とても楽しみにしていました。

 

しかし、行事が充実しているという点はメリットばかりではありませんでした。行事近付くと子どもからは「最近、練習ばかりで外遊びできなくてイヤ」という不満が。行事は毎回、見ごたえがあるのですが、基本的に土曜に行われるため、親子ともに週末も疲れる……というデメリットもありました。


よし悪しがある?保育園の規模の大小

 

第一子の保育園見学のとき、保育園の規模の大小はどちらがいいのかわかりませんでした。通園した両園ともに大規模園のわが家。規模が大きくなれば、その分、配置される保育士の数も増えるので、保育の質に関しては両園ともに大満足でした。

 

ただ、小児科医からは「大規模園の方が感染症に掛かりやすい」とも聞き、実際によく病気しているわが子をみると、園の規模も考慮に入れるのもひとつかな、とも考えています。

 

 

とくに第一子の場合は比較対象がなく、保育園選びが難航しがちかもしれません。「毎日通うこと」を念頭に、「これだけは譲れないこと」を軸に保育園選びを進めてみるといいかもしれません。(TEXT:守田玲)

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。