性格は似ているのにいろいろと違う・・・男の子と女の子の子育て体験談

2016/10/17 20:00
性格や好み・趣味が似ているわが家の姉弟。しかし、やはり男の子と女の子ということもあり、いろいろな違いがあります。病気になりやすいのは?重症化しやすいのは?うるさいのは?おさがりに服をまわしやすいのは?あくまでも我が家だけかもしれませんが、子育てをしていて気づいた、男の子と女の子の違いをご消化していきます。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
男の子・女の子

 

娘ひとりと息子2人の3人姉弟のわが家。長女と長男は年齢が近いこともあり、好きなことや笑いのツボが同じです。

 

しかし、そんな2人もやはり男の子・女の子と性別が違うということもあり、いろいろな違いが。わが子たちを子育てしていて気が付いた、男の子と女の子の違いをご紹介します。

 

病気になる頻度と重症度が違う!

 

長男は本当によく体調を崩します。園で流行している病気は、ほぼすべてもらってくるほど。長男出産後、知っている病気の種類がかなり多くなりました。

 

対して、長女はめったに体調を崩しません。軽い風邪は移し合うものの、長男が隣で嘔吐しようが、インフルエンザで発熱しようが、長女にうつったことはありません。

 

しかし、一度、体調を崩すととことん重症化する・・・という、長男にはないウィークポイントもあります。

 

声の大きさが違う!

 

息子が産まれて驚いたことのひとつに「泣き声がデカイ!」ということがあります。 長男に関しては、出生体重は長女とさほど変わらないのに、初日から「この体のどこからこんな声が・・・」と驚くほどの泣き声。

 

それは年長になった今も変わらず・・・というよりパワーアップしており、「うるさい!」と言われ続けています。1歳4カ月の次男の声もやはり大きいです。耳元で叫ばれ、しばらく耳がおかしくなったことも数知れずです。

 

何かをしている最中に声を掛けたときの違い

 

テレビを見たり、何かで遊んだりしているときに、長女・長男2人に同時に声を掛けることがよくあります。 「なに?」と即反応する長女に対し、何度か呼んでも気付かず、近付いて肩を叩いてようやく気付く長男。

 

女の子はいろいろなことを並行してでき、男の子はひとつのことに集中すると周りに気がまわらないという話をよく聞きます。その特徴がまさに当てはまっているわが子達です。

 

 

私自身が姉妹で育ちったこともあり、息子の子育ては日々新しいことの発見です。対して、娘は共感できる部分が多いといえます。男の子と女の子の違いを楽しみつつ、個性を伸ばせるように母も日々勉強です。(TEXT:守田玲)

 


  • 0
  • 1
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。