「ありがとう」って大事!感謝の気持ちを忘れたら夫婦はうまくいかない

2016/10/25 22:00
お互いにしつこいくらい「ありがとう」と言い合いましょう。心からの「ありがとう」はいちばん簡単に、そして確実にパートナーを幸せにすることができます。面と向かって言うのは照れくさいですが、このひと言が夫婦の危機を救うこともあります。わが家でどんな風にお互いに感謝の気持ちを表現しているのかお伝えします。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
夫婦関係

 

ありがとうって素敵な言葉です。でも、産後に子育てで精一杯のママからは、この言葉がすっぽり抜け落ちていることがあります。言い古されたことですが、夫婦円満の秘訣は感謝の気持ち!これはいつの時代も変わりません。今日から「ありがとう」を言葉にしましょう!

 

「ありがとう」が持つ力

 

わが夫は「ありがとう」とよく言ってくれる人ですが、言われる側の私はその言葉の大切さを意識していませんでした。傲慢ですが「言われて当然」くらいに思っていたフシがあります。育児も家事も仕事もこんなにがんばってるんだから、と。

 

でも、あるとき夫に何気なく「ありがとう」と返したら、ちょっと引くくらいよろこんでくれたんです。ありがとうのたったひと言で夫婦はこんなに円満になるんだということを実感したできごとでした。

 

メールでも「ありがとう」

 

夫とはメールでよくやり取りをしますが、お互いに「ありがとう」は毎回メールに入れるようにしています。夫婦には揉めごとや行き違い、ケンカなど、常に面倒ごとが起こりますが、それでもメールには必ずその言葉を入れるという「暗黙の了解」があります。

 

このルールによって、どんなに頭にきても「相手に背を向けない」「相手を自分の中から追い出さない」「相手を受け入れている」ということを伝えることができます。

 


サプライズでも「ありがとう」

 

初めての出産・子育てに悪戦苦闘中で、夫に対してやさしい気持ちのカケラも持てなかったころ、夫の誕生日がきてバースデーカードにたまたま「いつもありがとう」と書いて渡しました。受け取った夫は満面の笑み、本当にうれしそうでした。

 

そのとき「私、この人の笑った顔が好きだったんだ!もっと幸せにしてあげたい」と思いました。それ以来、誕生日など、特別な日にはプレゼントに添えるメッセージカードに必ず「ありがとう」を入れています。

 

 

何となく夫婦間がギクシャクしている、夫にイライラする、そんなときは一度自分の気持ちは横に置いて、夫に「ありがとう」って言ってみてください。そのひと言でお互いのわだかまりが氷解したり、夫婦間に大切な気付きをもたらしてくれると思います。(TEXT:伊川遥)

 


  • 2
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。