【産後ママの体験談】帝王切開の傷跡はケアで差が出る!後悔しないために

2016/10/24 12:00
私は帝王切開で2人の子どもを出産しました。産後のテープによるケアを怠ってしまった為に、傷跡は盛り上がったようになっていてくっきり。今のところ消える気配はありません。産後、体がつらくてもテープをしっかり貼ればよかったと後悔しています。そして現在、残ってしまった傷跡を少しでも薄くする為にしているのが市販の薬を塗ることです。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
産後
帝王切開

 

私は1人目を緊急帝王切開、2人目を予定帝王切開で出産しました。1人目の出産のときは産後の傷の痛みがかなりつらく、また、初めての育児で精神的にいっぱいいっぱいでした。

 

そんなこともあって、病院で教えてもらったテープによる傷のケアを続けられず、10日ほどでやめてしまいました。

 

まずはテープで傷を保護することが大事

 

私が病院で教わったケア方法は、サージカルテープで傷を刺激から保護するというものです。傷口に対して垂直に、魚の骨のような形で何枚も貼って2~3日に1度テープが剥がれてきたら貼りなおしましょうと言われました。

 

サージカルテープは薬局などで売られている一般的なものです。傷は下着と擦れるなどの刺激を受けると傷口が盛り上がり跡が残りやすくなるので、傷跡を薄くするためにはテープによるケアを継続することが大切なんだそうです。

 

育児で手いっぱいでも自分のケアも大切に!

 

1人目の出産直後、私は何もかもが初めてのことで手いっぱいになり、傷口のケアにまで気が回りませんでした。当時は「貼りっぱなしなのは不潔な気がするし、頻繁に貼りかえるのも傷口が開きそうで怖い」と思い、テープでのケアをやめてしまったのです。

 

でも、今は盛り上がった傷跡を見るたびに、あのときにケアをしっかり続けておけばよかったと後悔しています。帝王切開の名誉の傷とはいえ、傷跡はきれいになるに越したことはないですよね。

 

 


残ってしまった傷跡には「アットノン」

 

私の場合、傷跡が気になり始めたのは2人目が1歳を過ぎたころだったので、テープでのケアはもう完全に手遅れでした。

 

そこで始めたのが、傷跡を目立たなくする薬としてテレビCMなども流れている「アットノン」です。この薬は血流の循環をよくして皮膚の新陳代謝を促進し、傷跡を改善する効果があり、手術跡にも使えるそうです。ただ、劇的な効果があるわけではないので、根気強く使い続ける必要があります。

 

前もってかかりつけ医に相談すると、術後に塗る軟膏や飲み薬を出してくれるところもあるようです。

 

 

帝王切開の傷跡を完全になくすことはできません。また、傷跡が残りやすいかどうかは人によって違います。私も傷跡を目立たなくするためにケアを続けようと思います。(TEXT:松田佳菜)

 


  • 0
  • 0
  • 6
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。