【ママの出産体験談】陣痛の波が途中で止まった?よく眠る赤ちゃんの出産

2016/10/31 12:00
そろそろお産が始まりそうだと思っていたときのこと。お腹につけたNSTで陣痛の波を確認していると、途中で陣痛の波が止まりました。助産婦さんが取り出したのは、赤ちゃんを起こす機器。お腹に当ててブーブーと音を出して赤ちゃんを刺激すると、陣痛が再開しました。お産は赤ちゃんの個性にも関係するものだと感じました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
陣痛

 

何人産んでも同じお産はないと聞きますよね。経産婦さんであっても出産への不安はつきもの。筆者には2人子どもがいますが、まったく違うお産を体験しました。とくに印象的だったのが2人目の出産です。赤ちゃんの個性がお産にも関係しているのかと感じた、出産エピソードをご紹介します。

 

おなかの中にいるときから個性を感じた

 

よく「胎動で感じたままの赤ちゃんが出てきた」といった話を聞きませんか?私の場合もその通りで、おなかの中にいるときから赤ちゃんの特徴を感じました。

 

1人目の赤ちゃんは、とにかく胎動が激しく、静かなときがないくらいでした。生まれてからも同じように、とにかく活発で寝ない赤ちゃんでした。2人目の赤ちゃんは正反対。胎動が少ないため、心配になったくらいです。出てきた赤ちゃんも同様に眠っていることの多い赤ちゃんでした。

 

出産直前!陣痛の波が止まったのはなぜ?

 

2人目出産時でのできごと。陣痛が10分弱に縮まり、そろそろお産が始まりそうだと思っていたときのことです。おなかにつけたNSTで陣痛の波を確認していると、途中で陣痛の波が止まりました。

 

「えっ?あれだけ規則正しく陣痛がきていたのに?」と不安になっていると、助産婦さんが取り出したのは、眠っている赤ちゃんを起こす機器です。妊婦健診で赤ちゃんが寝ているときや元気がないときは、心拍のラインが平坦なのだそうで、振動する機器を当てて赤ちゃんを起こし、心拍をあげてから元気かどうか確認するそうです。

 

その機器をおなかに当て、ブーブーという音を出しながら赤ちゃんを刺激すると、陣痛が再開しました。陣痛自体がその機器と同じ役割を果たすため、その機器で陣痛が再開するという話はあまり聞かないそうなのですが、私の場合はその機器のおかげなのか陣痛が再開したんです。


お産は赤ちゃんのやる気次第だった!?

 

助産師さんが言うには、「途中で赤ちゃんが休んじゃったのかもね」とのこと。お産は赤ちゃんの個性も関係するものなのかなと感じました。

 

その後は、そのまま赤ちゃんは眠ることなく出産に向けて前向きです。思い出したかのように、陣痛がどんどん強くなっていきました。さっきまで陣痛が止んでいたのが嘘のようで、約2時間後に出産しました。産声をあげたかと思えば、すぐにスヤスヤと眠りにつく赤ちゃんの姿が印象的でした。

 

 

現在2歳になりましたが、相変わらず眠ることが大好きな子どもです。おなかの中にいるときから、性格面が分かるって不思議ですよね。赤ちゃんによって違ったお産になる。そう感じたできごとでした。(TEXT:田中由惟)

 


  • 6
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。