家計とお肌にやさしい!現役ママの簡単手作りスクラブ

2016/12/04 22:00
塩とはちみつ、オイルで簡単に手作りスクラブが作れます。バスソルトにもなります。粗めのスクラブがお好みの方は塩を多めに、滑らかなスクラブがお好みの方は蜂蜜とオイルを多めにするなど、好みや肌質に合わせて自分だけのスクラブを作ってみてくださいね。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
手作りグッズ
お風呂グッズ

 

育児には何かとお金がかかり、自分の美容にお金がかけられないとお悩みのママはきっと少なくないはず。でも諦めないでください!お金をかけずにできる美容テクニックはたくさんあります。たとえば、スペシャルケアのイメージが強い「スクラブ」。実は安価で簡単に手作りできますよ。

 

材料は「3つの身近な食品」

 

手作りスクラブの材料は、今お持ちでなくてもスーパーやコンビニエンスストアで簡単に調達できる材料なのでご安心ください。

 

まず「食塩」です。砂糖で作るシュガースクラブもありますが、塩には発汗作用と浄化効果もあるといわれているので、浴室内で体に使う分には塩がおすすめです。次に「はちみつ」。最後に「オイル」です。はちみつには高い保湿効果があります。そのはちみつは粘度が高いので、オイルを少量加えるとスクラブがなめらかになり、扱いやすくなりますよ。

 

好きな分だけ、大量生産できるのも魅力

 

私はスーパーの中でいちばん安い1kgの食塩を見つけて、100均で購入した透明な容器に移し替えて保管しています。容器内の塩は調理にもスクラブにも使います。

 

保存場所をひとつにまとめることで省スペースになり、調理に使うときでもスクラブを作るときでも容器から使いたい分だけ取り出しやすいです。また、残量がわかりやすいので透明な容器で保管するのがおすすめです。


そのまま入浴してバスソルトに!

 

そして、手作りスクラブを使い終わったらぜひ試していただきたいのが「そのまま入浴すること」です。自分に付いた塩スクラブがそのままバスソルトにもなるので、一石二鳥!

 

スクラブ同様、市販のバスソルトは高価なものが多い傾向にあるかと思いますが、この方法なら安価で済みます。温かいお風呂に発汗作用のある塩を加えれば、いつも以上に体の芯からぽかぽかになれます。これからの寒い季節にうれしいですね。

 

粗めのスクラブがお好みの方は塩を多めに、なめらかなスクラブがお好みの方ははちみつとオイルを多めにするなど、好みや肌質に合わせて自分だけのスクラブを作ってみてくださいね。(TEXT:藤崎 もこ)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。