紙おむつの最適な購入量って?ストック忘れ&ストックのしずぎに注意!

2016/10/29 21:00
大量消費する紙おむつの最適な購買量はどれくらいなのでしょうか。子供の成長でおむつのサイズも変わってしまうので、買いすぎないように成長の時期を見極めるのも大切だと思います。月齢の小さい赤ちゃんは少なめにストック。大きくなるにつれて体重も安定していくと思うので、多めにストックしても大丈夫だと思います。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
ベビー用品
おむつ
選び方

 

赤ちゃんや小さい子どもには欠かせない紙おむつ。でも、消費する量もすごいですよね。気が付いたらストックがなくなっていたり、大量に買いすぎてサイズが合わなくなってしまったりしたことはありませんか?では、おむつの最適な購買量ってどれくらいなのでしょうか。

 

紙おむつはママの強い味方!

 

昔は吸収力の優れた紙おむつなどはなく、布おむつだったかと思います。布おむつは赤ちゃんのおしりにはやさしいけれど、お洗濯がとても大変です。その点、紙おむつは、使い終わったらポイっと捨てるだけで便利です。

 

ただ、紙おむつはもちろん使い捨てなので、おむつがはずれるまで買い続けなければなりません。赤ちゃんのおしりはとてもデリケートで、すぐに替えてあげないとおむつかぶれになることも。そんなときに、「おむつがない!」とならないように予備は大事だと思います。

 

新生児~1歳までの最適な購買量は?

 

子どもの成長に個人差はありますが、1歳になるまでの時期はサイズの変動が激しいので、すぐに新生児サイズやSサイズのおむつが使えなくなることもあります。成長の早い新生児~1歳児までは、様子を見ながらストックはひとつに抑えるといいと思います。

 

ハイハイが始まり、赤ちゃんの動きが活発になると、今まで以上にもれやすくなります。そんなときはパンツタイプのおむつがおすすめです。赤ちゃんにおむつが合っているか、おむつ替えのしやすさなども含めて、使いやすいものを選んでくださいね。ひとつ使ったら、新しいパックをひとつストックするという方法が適量な買い方だと思います。


1歳からの最適な購買量は?

 

成長の個人差はありますが、1歳から歩くようになって体重も安定してくると、おむつのサイズがすぐに変わることはあまりないと思います。おむつと赤ちゃんの相性やサイズが安定してきたら、おむつが特売になっているときに2~3個ストックしてもOK。

 

サイズアップが心配な方は、1~2個だけストックしておくと安心ですね。 そのほかに、一緒におしりふきをストックしておくことも大切です。大きなパックは比較的お得な価格になっているので、お気に入りのおしりふきを見つけたら箱買いするのもいいですね。

 

筆者もおむつをたくさんストックしすぎて、あっという間にサイズアップして使えなくなったり、ストックするのを忘れていて「おむつがない!」と大慌てした記憶があります。ストックすることを忘れずに、最適な購入量を心がけていきたいですね。(TEXT:澤田やすか)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。