【ママの体験談】名づけは字画と響き、どっちを優先する!?

2016/10/30 08:00
名づけって難しいなと感じることもありますが、「こだわりたいポイント」を整理することによって名づけしやすくなります。
例えば一番こだわりたいのが字画、次にイメージ、最後に響きといった感じに優先順位を付けます。そうすると名前の選択肢が狭まって選びやすくなることも。最近では男女問わず字画にとらわれない傾向もあります。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
名づけ

 

妊娠中の楽しみのひとつである名づけ。性別が分かったら、どんな名前にするか迷いますよね。字画を気にした方がいいのか、どういった方法で名前を考えればいいのか悩んだものです。

 

そこで今回は、わが家の名づけエピソードを交え、最近の名づけ傾向などをご紹介します。

 

名づけのこだわりポイントを整理する

 

一生の名前を決定するので聞き取りやすさや発音、長さなど注意したい点もあります。親が付けたい名前と付けられる名前は違うこともあります。そう思うと名づけって難しいなと感じることもありますが、「こだわりたいポイント」を整理することによって名づけしやすくなります。

 

たとえば、いちばんこだわりたいのが字画、次にイメージ、最後に響きといった感じに優先順位を付けます。そうすると名前の選択肢が狭まって選びやすくなることも。

 

男の子の名前は字画を最優先した

 

一般的に男の子は名字が変わらないことが多いので、字画をまず意識しました。その次に夫の名前と同じく漢字一文字に、最後に呼びやすい名前にしたい。これらが男の子の名づけでこだわったポイントでした。

 

結局名前が決まったのは出産後。2つ候補を書いた命名札を窓付近に置いて悩んでいました。そのときフワッと風に乗って1枚の命名札が私が座るベッドに。名前を決定づけた奇跡的なできごとでした。


 

女の子は字画より響きやイメージを優先?

将来女の子は名字が変わる可能性があるので、字画を気にしない方も多いようです。いちばんこだわったのは、私の名前から一文字取ることです。親から字をもらうのはよくないという話も聞きますが、まったくの迷信だとか。むしろ「親を超える立派な人物になって欲しい」と願いを込めた名づけ法であるともいわれています。最近では、葵(あおい)や結(ゆい)など華やかで愛らしい漢字が人気のようです。

 

 

どんな名前を付けるのか、こだわりは家庭によってさまざまですよね。最近では男女問わず字画にとらわれない傾向もあります。思いやりのある子に育ってほしいなど、親から子どもへの気持ちを込めた素敵な名づけができるといいですね。(TEXT:田中由惟)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。