産後ママの体は冷えやすい!おすすめの冷え症対策

2016/11/02 22:00
産後の冷え症は、自律神経の乱れ、筋肉の緊張、筋肉の減少による熱の生産量が少なくなっていることなどが原因。靴下やレッグウォーマーなどがおすすめです。効果的な食べ物は、大根・人参・レンコンなどの根菜類や、生姜・にんにく・ニラなどの薬味として使われる野菜です。飲み物であれば、温かいほうじ茶やウーロン茶が効果的です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
冷え性
産後の悩み

 

出産後、髪の毛が抜けやすくなった、情緒不安定になった、生理が重くなったなど、体調の変化に悩むママはとても多くいます。そのなかのひとつに、「産後、冷え症になった」という声も多くあるようです。そんなママのために、おすすめの冷え症対策をお伝えします。

 

産後、どうして冷え症になるのか

 

産後の冷え症は、いくつかの原因が考えられます。まずは、日々の育児へのストレスや疲れから、体温調整機能を担う自律神経が乱れていること。つぎに、妊娠・出産によって骨盤が歪み、筋肉が緊張していること。

 

また、筋肉の減少による熱の生産量が少なくなっていることなどが理由として考えられます。いずれにしても、血行が悪くなり、体の冷えを引き起こしているようです。

 

下半身を冷やしてはダメ!

 

「頭寒足熱」という言葉があるように、体は頭を冷やして足を温めるのがいいとされています。

 

家の中ではいつも裸足という方もいらっしゃるのではないでしょうか?末端の冷えを感じているのであれば、できれば対策として、靴下やレッグウォーマーなどを身につけるといいですね。また、足首、手首などの首がついている体の部分は重要な血管が通っているので、なるべく冷やさないようにしましょう。

 


食事で冷え症を改善する!

 

体を外側から温める方法についてお伝えしましたが、内側から温めることも大切です。冷え症改善に効果的な食べ物は、大根・人参・レンコンなどの根菜類や、生姜・にんにく・ニラなどの薬味として使われる野菜です。

 

飲み物であれば、温かいほうじ茶やウーロン茶が効果的です。生姜湯などは、風邪の予防はもちろんのこと、風邪の引き始めにも効果的です。

 

 

体を冷やすと体調を崩しやすくなり、体調を崩すと心の不調まで引き起こします。産後ママの体はとてもデリケートになっています。手軽なものから取り入れて、体の調子を整えてあげてくださいね。(TEXT:古田雪絵)

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。